スポンサーリンク

フォローする

札幌市がNutanix Cloud Clusters on AWS を採用 日本の自治体で初めてハイブリッドクラウド環境を構築

政治1コメント

ニュータニックス・ジャパン合同会社 (Nutanix) とアイレット株式会社は7月28日、Nutanix Cloud Clusters (NC2) on AWS と Nutanix Flow Network Security を採用し、札幌市が日本の自治体で初めてハイブリッドクラウド環境を構築したことを発表しました。

札幌市は、北海道最大の約196万人を有する政令指定都市で、ビルや住宅が建ち並ぶ都市としての機能と、郊外に広がる自然という二つの要素を併せ持っています。札幌市では「札幌市 ICT 活用戦略」を策定し、市の目指すべき都市像や未来の札幌の姿の実現を図るため、ICT の積極活用により、人手不足の解消や生産性向上、持続可能なまちづくりを推進しています。

札幌市は、Nutanixのハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)ソリューションを使用して、オンプレミス環境の刷新と効率化を図りました。その後、コストを抑えつつIT基盤を更新する必要性と災害対策等の観点から、IT リソースの柔軟かつ迅速な調達が課題となりました。NC2 on AWS を導入することで、最新のデータセンターを含むハイブリッドクラウド環境を構築し、多額の費用をかけることなく、必要に応じた IT のスケールアウトが可能になりました。

NC2 on AWS により、オンプレミスとクラウドにまたがるアプリケーションを同一のインターフェイス上で管理できるようになるため運用負荷が軽減し、Amazon EC2 ベアメタルインスタンスを利用するため、昨今の世界的な半導体不足によるネットワーク機器、サーバー、スイッチ等の納期遅延の影響なく、実装を完了することができました。現在はセキュリティ関連のワークロードをクラウド上で運用しており、今後庁内の IT システムの一部、外部向けのウェブサイトもクラウドに移行していくことを検討中です。