スポンサーリンク

フォローする

7月29日の豊平川花火大会開催に伴い、地下鉄南北線が特別ダイヤで運行

交通1コメント

北海道新聞創刊80周年・UHB開局50周年記念 2022道新・UHB花火大会」が、2022年7月29日(金) 19:40より打ち上げ開始となります。
短い夏を告げる風物詩として3年ぶりの開催となります。3部構成で約4,000発を打ち上げます。

開催場所は、豊平川南大橋~幌平橋間(札幌市中央区南13条西1丁目付近)。
河川敷での観覧は、南7条大橋から南19条大橋の広いエリアでほぼきれいに見られます。

地下鉄南北線では「豊平川花火大会」開催にあわせて特別ダイヤ(増便)で運行します。
17時台~21時台にかけて、通常5.0分~8.0分間隔のところ4.5分間隔で運行します。

時刻表はこちら(PDF)をご覧ください。

花火大会が中止になった場合も特別ダイヤで運行します。
なお、順延(8月4日木曜日)になった場合についても特別ダイヤで運行します。

また、南北線中島公園駅、幌平橋駅は大変混雑するため一定の時刻から、う回して誘導する「規制入場」を行います。河畔への直進はできなくなります。
人混みが少なくおすすめのエリアは、最寄り駅が中の島駅・学園前駅の“右岸通り側”河畔です。
東豊線豊水すすきの駅、学園前駅、南北線中の島駅、市電山鼻19条停留所の利用もおすすめです。