スポンサーリンク

フォローする

北24条生鮮中央市場や美香保湯も・・・2022年12月末をもって閉店・休業する店舗まとめ

まとめ1コメント

2022年12月末をもって閉店する札幌市内の店舗についてまとめました。

車検のコバック 札幌流通店・札幌月寒店

車検のコバック 札幌流通店』『車検のコバック 札幌月寒店』が12月27日をもって移転のため休業します。

両店舗は、株式会社リューツーが運営する車検整備専門店です。
札幌流通店は1995年にオープン、札幌月寒店は2000年9月21日にオープンしました。

今回、白石区本通に新店舗が2023年1月8日よりオープンすることになり、札幌流通店・札幌白石店・安心保険館がこの新店舗へ移転統合する形となります。

住所 札幌市白石区本通21丁目北1-8

札幌パン 琴似工房

札幌パン 琴似工房』が12月27日をもって閉店します。

2021年11月11日にパティシエパンの北海道1号店としてオープン。
今回、原料の値上げや運営会社の解散などにより閉店が決定しました。
1年ほどの営業に幕を閉じます。

札幌市内に残るパティシエパンは、手稲星置工房・美しが丘工房の2店舗となります。

RAGU+N°

東札幌の『RAGU+N°』が12月末をもって閉店します。

2019年4月16日にオープンした高地トレーニングスタジオ&パーソナルコンディショニングスタジオです。
北海道では初となる高地トレーニングを取り入れて、誰もが「楽に楽しく」運動できる施設となっています。
今回、直営での運営が難しくなり閉店が決定しました。

閉店後、新たにフィットネスの入居が予定されており、高地トレーニング設備は継続して利用できる予定です。

カレー&ごはんカフェ [ouchi]

狸小路7丁目の『カレー&ごはんカフェ [ouchi]』が移転のため12月29日をもって閉店します。

2002年に飲食店経験ゼロながら、スープカレーが好き!と言う勢いと情熱だけで作ったお店です。
21年目の再スタートとして、移転を決意し、現店舗を閉店することとなりました。

移転先は桑園エリアで、2023年3月のオープンを予定しています。

麺屋 海猫

西岡の『麺屋 海猫』が12月29日をもって閉店します。

2018年2月22日にオープンしたラーメン屋です。
野菜の旨みを感じる札幌みそラーメンや、あっさり系の鶏と魚介の中華そばなどを提供していました。

跡には『三笠鶏玉ラーメン創 札幌店』が1月4日よりオープン予定です。

らーめん ひなた

澄川の『らーめん ひなた』が12月30日をもって閉店します。

2000年4月に澄川駅近く(現在の串鳥の後ろ側)にて開業したラーメン屋です。
2006年7月に現在の場所へ移転し、営業してきました。
今回、新たな挑戦をするため、閉店を決意しました。

ひなたのラーメンは、鶏ガラスープととんこつスープの2種類があり、飲み干せるほどあっさりしているのが特徴です。
また、店主は大泉洋さんの高校の同級生であることも公表されています。

辛いラーメン14 南7条本店

南7条西2丁目の『辛いラーメン14 南7条本店』が移転のため12月30日をもって閉店します。

2015年5月1日にオープンしたラーメン屋です。
北海道の大地で育った『中澤さんちの唐辛子』を使用した辛いラーメンを提供しています。
スープは、味噌・醤油・塩から選択でき、辛さは自分の好みに調整できます。(辛み抜きも可)

年明け2月より南4条西3丁目第3グリーンビルの「新ラーメン横丁」(いそちゃん跡)へ移転します。
すすきの駅からのアクセスも良くなり、更なる飛躍に期待できます。

そば処 風靡

新大通ビルの『そば処 風靡(ふうび)』が移転のため12月30日をもって閉店します。

ビジネスマンにもよく利用される、大衆的な老舗そば屋です。
新大通ビルの解体に伴い、移転することとなりました。

移転先は札幌時計台ビル地下1階で、2023年2月1日よりオープン予定です。

なお、ふうびで仕込みをしている関係上、昭和ビルの『スタンドそば ながら』も休業となります。

美香保湯

北17条東8丁目の『美香保湯』が12月31日をもって閉店します。

1974年創業の銭湯で、地域住民から愛されてきました。
超音波風呂・サウナ(乾式)・水風呂といった設備がある銭湯です。
釜・配管などの設備の老朽化、経営者の高齢化などにより閉業することとなりました。

最終営業日の31日は、15時~19時の営業となります。

北24条生鮮中央市場

北24条生鮮中央市場』が12月31日をもって閉店します。

1957年創業の市場で、昭和時代から令和にかけて地域住民から愛されてきました。
既に多くの店舗が移転しており、残っているのは「おかず工房24」「サンQ青果」の2店舗となります。

今後は、隣の『スーパーエース 23条店』跡と合わせて、(仮称)北23条複合施設が建設される予定です。