スポンサーリンク

フォローする

【コラム】びっくりドンキーの道内1号店は『びっくりドンキー 西野店』

1号店7コメント

びっくりドンキー西野店(2022年3月26日撮影)

全国に展開するハンバーグチェーン「びっくりドンキー」の北海道1号店である『びっくりドンキー 西野店』について紹介します。

びっくりドンキーは、株式会社アレフ(本社:札幌市白石区)が展開するハンバーグレストランです。
オリジナルの木製ディッシュと、お箸で食べる独自スタイルを提案しています。
人気メニューは、「チーズバーグディッシュ」など。
デザートやアルコールドリンクなども人気です。

ハンバーグにはビーフとポークの合い挽き肉を使用しています。
ポークも、ビーフと同様に人工的に肥育を促進させるホルモン剤の使用を禁止し、自然な動物の成長を尊重しています。
使用しているお米は、農薬の使用を省き最低限の「除草剤1回だけ」で育てたオリジナルのお米「省農薬米」。
野菜も、道産を中心にびっくりドンキー独自の栽培基準を設定したもののみを使用しています。

びっくりドンキーのルーツは、1968年12月15日に岩手県盛岡市で誕生した「ハンバーガーとサラダの店・べる」。
1972年6月に主力商品をハンバーグに変更し、店名も「ハンバーグレストラン ベル」へ変更。
1976年7月に、アレフの前身となるカウベルカンパニー株式会社を岩手県で設立しました。

びっくりドンキーの誕生

びっくりドンキー西野店(2022年3月26日撮影)

びっくりドンキーの1号店である「西野店」は、1980年4月にオープンしました。
ただし、当時の店名は『ドナルドダック 西野店』でした。
この他、「伏古店」「元町店」「恵庭店」もドナルドダックという店名で営業していました。

住所 札幌市西区西野3条3丁目4-7

1983年4月に関西地区での営業を開始。
この際に、「びっくりドンキー」へ屋号を変更しました。
※「ドナルドダック」はウォルト・ディズニー・カンパニーの登録商標のため。

本社札幌移転および札幌工場が開設されたのは1981年6月のこと。
1985年4月に現在の場所(白石区菊水)へ本社を移転。
1987年5月に株式会社アレフへ商号変更されました。

びっくりドンキーの現在

べるの誕生から54年。びっくりドンキーの誕生から42年が経ちました。
2010年5月には300店舗出店を達成。
2022年11月現在、鳥取県と島根県を除く45都道府県に出店するチェーン店へと成長しています。

びっくりドンキーの他、「小樽ビール」や「ハンバーグレストラン Dishers」といった業態も展開しています。
過去には、「ハーフダイム」「ペペサーレ」などの業態も展開していました。
また、恵庭市の「えこりん村」も運営しています。

札幌に本社を置きながら、日本国民に愛されるレストランチェーンとなったびっくりドンキー。
今後のさらなる飛躍に期待したいところです。

参考