スポンサーリンク

フォローする

【コラム】とっぴ~の1号店は川沿にあった『とっぴ~川沿店』

1号店7コメント

ローソン 札幌川沿18条一丁目店(2022年8月20日撮影)

回転寿司チェーン「とっぴ~」の1号店である『とっぴ~川沿店』について紹介します。
なお、現在は閉店し『ローソン 札幌川沿18条一丁目店』となっています。

とっぴ~の誕生は1991年6月。同地にあった「はだかんぼー倶楽部 ゆーとぴあ」という温浴施設のインショップのような形オープンしました。
「ゆーとぴあ」を運営していたのは北海道フードサービス株式会社で、同社は温浴施設「ルーシス」(とっぴ~新川店が併設)も運営していました。
2000年7月に回転寿司部門の事業を継承する形で株式会社とっぴいを設立。

ネタの大きさが評判となり順調に事業を拡大し、2010年頃には関東方面にも出店を行うほか、FC店も展開していました。
しかし、不採算店舗の閉鎖などにより業績が悪化。2015年6月1日付で札幌地裁に民事再生法の適用を申請しました。(北海道フードサービスも同日付で札幌地裁に破産を申請。)
この時点では、直営店12店、FC店8店舗を展開していました。
その後は再生計画を断念し、2016年2月4日付で札幌地裁より破産手続の開始決定を受け倒産しました。

2016年3月には株式会社海晃ホールディングス(現・HIRホールディングス株式会社)が商標権と運営権を取得。
現在はHIRホールディングス傘下の株式会社HIRフードのもとで営業しています。

最近では、2020年に「手稲前田店」、2021年10月14日に「桑園店」が閉店し、創業地である札幌市内からとっぴ~の店舗は無くなりました。
2022年9月現在、道内と福島県に合わせて6店舗を展開しています。

1号店・川沿店について

前述の通り、温浴施設「ゆーとぴあ」インショップのような形でオープンしました。
店舗横には立体駐車場があり、中にはゲームコーナーもあり、お客さんで賑わっていたことが伺えます。
場所は、石山大橋の手前にありました。

住所 札幌市南区川沿18条1丁目1

しかし、「ゆーとぴあ」の方は競合激化などで2009年7月20日に閉店。
「とっぴ~」の方も2011年10月3日に閉店。川沿5条2丁目の「コープさっぽろ ソシア店」へ移転しました。

移転先である「ソシア川沿店」は、2016年の倒産時に海晃へ引き継がれることなく閉店しました。
2022年9月現在は『回転寿司 函館漁火 ソシア川沿店』となっています。
なお、同店は中空知温泉株式会社が運営しています。

回転寿司 函館漁火 ソシア川沿店(2018年8月31日撮影)

参考