スポンサーリンク

フォローする

【コラム】ホーマックの札幌1号店は北栄店!

2019/07/17豆知識0コメント

概要

道民にはお馴染みで、いまや道外にも進出しているDCMホーマックですが、元々は釧路市で生まれました。
1976年に石黒ホーマとして釧路市中園へオープン。
1995年にホーマックへ商号を変え、札幌に本社を移転しました。
そして2006年にはDCMホールディングスの完全子会社となり、2015年にはDCMホーマックへと商号を変更しました。

札幌への進出

ここからが本題ですが、札幌への進出は1978年4月13日で北栄店(北49東7)が第1号店となります。
この北栄店は今でも場所を変えず営業し続けています。
1999年に改装・増築が行われていますが、それから20年経つので、そろそろ改装などがあるかもしれません。

2号店は厚別店で、1979年4月にオープンしました。
この店舗は現存せず、現在はニトリ厚別店が建っています。
厚別東店(現・スポーツデポ厚別東店)への移転のため閉店しました。

3号店は川沿店で、1979年6月21日にオープンしました。
この店舗は今でも同じ場所で営業しています。
2000年に改築が行われているようですね。

4号店は菊水元町店で、1981年10月1日にオープンしました。
この店舗は2018年9月で一旦解体となりました。
そして建て替えが行われ、2019年6月13日にリニューアルオープンとなります。

5号店は元町店で、1983年9月1日にオープンしました。
この店舗は現存し、2019年3月21日にはアウトドアレジャー館が隣に新設されました。
この別館と合わせると、屈指の広さを誇る店舗となります。

補足

ホーマックの勢いは衰えることなく、上記にあるように既存店舗を更に大きくしたりしています。
また、東北・関東への店舗展開もまだまだ増えそうです。

ついでに今年に入ってからはポイントカードの導入などもありました。

道民からすると、道内発祥企業が古くから変わらず営業し続け、更にパワーアップしていく様子を見ることができて嬉しいですね。

2+