スポンサーリンク

フォローする

【コラム】ガストの道内1号店はイオンタウン平岡にあった『ガスト札幌平岡店』

1号店1コメント

しゃぶ葉札幌平岡店(2021年3月4日撮影)

すかいらーくグループの人気ファミリーレストラン「ガスト」の北海道1号店である『ガスト 札幌平岡店』について紹介します。
なお、現在は業態転換し『しゃぶ葉 札幌平岡店』となっています。

ガストは、すかいらーくグループのファミレスチェーン店です。
ハンバーグを主力としていますが、和食から洋食まで幅広いメニューを展開しています。
季節限定メニューやご当地メニューにも力を入れているのが特徴的ですね。

ハンバーグ シャリアピンソース

また、全店舗にプレミアムカフェ(ドリンクバー)が設置されており、人々の憩いの場となっています。
近年はデリバリー・テイクアウトにも力を入れています。

2022年3月現在、道内には25店舗を展開しています。
すからーくグループ全体だと43店舗になります。

北海道への上陸

道内1号店である『ガスト 札幌平岡店』は、2000年11月11日にオープンしました。
所在するイオンタウン平岡は、11月15日に開業しました。
ガストのみならず、すかいらーく系列の道内1号店としてのオープンでした。

1970年にすかいらーくが誕生してから北海道上陸まで30年かかりました。
元々関東圏を中心に展開していたレストランでしたので、ここまでの時間を要してしまったのではないでしょうか。
ちなみに、札幌平岡店オープン当時は、全国に835店のすかいらーくグループ店舗を展開していました。
青森県・沖縄県には未進出でした。(ただし、青森県には同年12月上陸)

また、当時は2005年までに道内50店舗体制とすることを計画していました。
内訳は、ガスト25店・バーミヤン15店・夢庵10店。
しかし、バーミヤンは2008年に道内撤退(その後再上陸)、夢庵は未進出のまま月日が経つことに・・・。

札幌平岡店はその後、すかいらーく傘下のニラックスに運営を移管し、2017年5月29日に『しゃぶ葉 札幌平岡店』としてリニューアルオープンしました。気軽にしゃぶしゃぶを楽しめるお店として、家族連れなどに愛されています。

住所 札幌市清田区平岡2条5丁目2-70

ガストの歴史

ガストの前身は1970年7月7日にオープンした「スカイラーク」(後に平仮名表記へ変更)という店舗。1号店は東京都府中市にあった「国立店」です。

当時アメリカでは郊外型レストランが繁盛しており、日本でもマイカーを持つ家庭が増えていたことから、郊外型ファミリーレストランの先駆けとしてオープンしました。

その後すかいらーくは、関東圏を中心にメキメキと店舗数を増やしていき、ガストが登場したのは1992年のことです。1号店は1992年3月に東京都小平市にてオープンした「小平店」でした。

1993年には、当時「すかいらーく」として営業していた店舗のうち半数以上を「ガスト」へ転換しました。
その後は紆余曲折ありながらも2003年11月にガストの店舗数1000店を達成。

そして2009年10月までに「すかいらーく」として営業している店舗全てを「ガスト」へ転換し、すかいらーくは消滅しました。