スポンサーリンク

フォローする

大阪伝統の味「ぼてぢゅう®」×札幌「西山製麺」ラーメン文化をアジア圏に広げるパートナーシップ提携を締結

企業0コメント

1946年に創業した老舗「ぼてぢゅう®」を運営する「ぼてぢゅう®グループ」は、西山製麺株式会社と、日本食として海外で人気の高いラーメン・麺文化をアジアを中心とした海外圏に広げることを目的に、2022年6月1日(水)にパートナーシップ提携を締結しました。

日本の地域に根付いた食文化の伝統を守りながら77年以上にわたり常に挑戦し成長を続けてきたぼてぢゅう®は、1978年(昭和53年)にハワイにオープンした海外1号店を皮切りに、上海、韓国、台湾、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピンとアジア圏を中心に店舗を展開しカジュアルで美味しい日本食文化を発信してきました。

現在は海外47店舗を構え、世界中の人々に「本物×伝統×美味」を価値とする日本のグルメを市場最適価格で継続的に提供することで日本食文化の浸透に努めています。なかでもラーメンは海外での人気が高く、多くの方から味と品質を期待されるメニューであることから、札幌ラーメンを中心に、グローバルに事業を展開する西山製麺とパートナーシップ提携を行い、メニュー開発に着手します。

まずはフィリピンで展開中のBOTEJYU®40店舗、新業態となるBOTEJYU®ラーメンハウス、2022年度秋に関西国際空港第一ターミナルにオープン予定のJapan Traveling Restaurant® by BOTEJYU®にて提供するメニュー開発を進めます。また、フィリピン国内での200店舗展開を通過点として、世界中で愛される日本食文化の浸透に向けた取り組みを続けます。

「ぼてぢゅう®グループ」について

1946年に食い道楽の街・大阪玉出で大阪お好み焼専門店として誕生した「ぼてぢゅう®」は、創業以来77年にわたり、多くの方に支持されてきました。ぼてぢゅう®発祥の「モダン焼」「マヨネーズのトッピング」は、瞬く間に大阪の誇る”粉もの文化”の名物として定着しました。

現在は商業施設を中心に102店舗(国内55店舗、海外店舗47店舗/2022年6月現在)を展開し、カジュアルで美味しい本物の日本食を世界に普及促進させるべく活動を続けています。