スポンサーリンク

フォローする

京王プラザホテル札幌の『中国料理 南園』『カフェ デュエット』が3月31日で閉店!38年間の営業に幕

閉店0コメント

京王プラザホテル札幌の『中国料理 南園』『カフェ デュエット』が2021年3月31日をもって閉店します。

この2店は、京王プラザホテル札幌が開業した1982年5月16日からありました。
実に38年間営業してきましたが、閉店となってしまいます。
いずれも株式会社京王プラザホテル札幌が運営してきました。

『中国料理 南園』では中国料理の中でも特に日本人に親しみやすいと言われる広東料理をベースに、和食や洋食のアイデアをプラスした料理を提供しています。
高級とされるフカヒレや北京ダックの料理などもあります。

『カフェ デュエット』はホテルラウンジにあるカフェです。
パティシエ特製のケーキや、パスタやグラタンなど、ホテルシェフがアレンジした洋食を提供しています。

『中国料理 南園』は7月23日からランチ営業を休止しています。
『カフェ デュエット』は6月16日からディナー営業を休止しています。
いずれもコロナウイルスの影響ですが、この辺の事情があっての閉店とみられます。

店舗情報

中国料理 南園

住所 札幌市中央区北5条西7丁目2-1 京王プラザホテル札幌地下1階
アクセス JR札幌駅より徒歩5分
営業時間 17:00~21:30
定休日 水曜
駐車場

カフェ デュエット

住所 札幌市中央区北5条西7丁目2-1 京王プラザホテル札幌1階
(グラスシーズンズにて営業中)
アクセス JR札幌駅より徒歩5分
営業時間 10:00~15:00
定休日 無休
駐車場

+1