スポンサーリンク

フォローする

サヨナラ、ススキノラフィラ 17日20時をもって46年間の歴史に幕

閉店25コメント

ススキノラフィラ』が2020年5月17日20時をもって閉店します。
1974年に『札幌松坂屋』としてオープンした以来、46年間すすきのの中心を見守って来ました。

当初予定していた閉店セレモニーは中止です。
自粛期間が続いているため惜しくも訪問することができませんが、何かの機会に感謝を伝えることができればいいなと思います。

閉店後は建物の解体に入ります。
2023年に竣工予定の新ビルはホテル・複合映画館・商業施設などが入る見通しです。

ここでススキノラフィラの歴史について振り返ってみましょう。

歴史

1974年6月8日に百貨店『札幌松坂屋』としてオープンしました。
この時は、竹中工務店と松坂屋の出資により設立された株式会社札幌松坂屋が運営していました。

しかし業績が思わしくなく、1979年2月1日をもって営業を終了しました。
その後はイトーヨーカ堂を提携、社名もヨーク松坂屋に変更。
1979年4月28日に『ヨークマツザカヤ』として再オープンしました。

そして1994年3月に『ロビンソン百貨店札幌店』に変わりました。
この時に松坂屋グループを離脱、イトーヨーカ堂傘下に完全移行しました。
「ロビ地下で待ち合わせ」などといった言葉も生まれましたね。

1996年に公開された「ガメラ2 レギオン襲来」にも登場。
ガメラとレギオンにより破壊されました。

しかしバブル崩壊の影響もあってか、業績は低迷。
2002年4月に百貨店としての営業を地下2階~地上2階までに縮小させました。
地上3階以上のフロアはこの時に「専門店街ラフィラ」となりました。

こういった大改装を行ってきたものの、業績は好転せず。
2009年1月18日をもってロビンソン札幌としての営業を終えました。
百貨店として営業してきた35年間の歴史に幕を閉じました。

Youtubeに閉店時の様子を撮った動画がありました。
当時は大変賑わっていましたが、今回は粛々と閉店するしかないのが残念です。

2009年3月26日には地下1~2階にイトーヨーカドーを出店し、『ススキノラフィラ』としてオープンしました。
ただ、3階より上の専門店街はロビンソン閉店後も営業していました。

ススキノラフィラとして11年間営業してきましたが、ついに閉店。
46年間佇んでいたビルも跡形もなく消えてしまいます。

お店に行きたくても行けない状況、大変心苦しいですが、オリジナルソングでも聴いて思い出に浸りたいと思います。

7+