スポンサーリンク

フォローする

太平の『ヴィクトリアステーション篠路店』が2月7日で閉店していた!

閉店2コメント

太平の『ヴィクトリアステーション篠路店』が2021年2月7日をもって閉店しました。

こちらは1970年代?80年代?から営業してきた老舗店でした。
30うん年前には店内に鉄道模型があったと思います。
地域に愛されてきた店舗だと思いますが、音もなく閉店してしまいました。
これに伴い、北区からヴィクトリアステーションが無くなりました。

ヴィクトリアステーションは、北海道で最も店舗数の多いチェーンレストランです。
ハンバーグ&ステーキを中心にメニューを展開しています。

北海道で生まれたヴィクトリアステーションですが、2000年にビッグボーイジャパンと合併。
2002年にゼンショーグループ傘下になりました。

閉店が相次いでおり、1月17日には「旭川忠和店」も閉店しました。
それ以前だと、2018年に「石山店」、2019年に「滝川大町店」、2020年12月に「函館鍛冶店」も閉店しています。
また、ビッグボーイへの転換を行う店舗もあり、気になるところです。

サラダバーもあり、子どもから学生・大人まで支持されているレストラン。
中高生の頃はどれだけサラダバーを食べられるか友達と競い合ったという人もいるのでは。
道民にとって、失いたくないチェーン店ですね。

店舗情報

住所 札幌市北区太平4条1丁目3-5
アクセス JR百合が原駅より徒歩18分

+3