スポンサーリンク

フォローする

手稲区の『みよしの 手稲稲穂店』が10月31日をもって閉店

閉店3コメント

稲穂の『みよしの 手稲稲穂店』が2022年10月31日をもって閉店します。

みよしのは、札幌市内を中心にテンフードサービスが展開している餃子店です。
1967年に狸小路にて餃子専門店として誕生しました。
1977年10月頃にカレーが登場し、今や定番メニューの「ぎょうざカレー」も誕生しました。
当時のぎょうざカレーは260円で販売していました。
カレーに載っている餃子が3個なのは、当時から変わりません。

また、定食やラーメンも人気です。
手稲稲穂店では、西野店・八軒店とともに2016年7月6日より店舗限定で「カツラーメン」も販売していました。

「手稲稲穂店」は国道5号線沿いにあり、比較的入りやすいお店でしたが、閉店となります。
なお、2021年12月1日に同じ5号線沿いに「西宮の沢店」がオープンしています。
また、手稲区内には「手稲前田店」もあります。

店舗情報

住所 札幌市手稲区稲穂3条7丁目4-40
アクセス JR星置駅より徒歩8分
営業時間 10:00~翌1:00
定休日 無休
駐車場 26台