スポンサーリンク

フォローする

ニトリが小樽芸術村「西洋美術館」を4月28日オープン!

施設情報0コメント

株式会社ニトリは、2022年4月28日(木)に小樽芸術村として4館目となる「西洋美術館」をオープンします。

「西洋美術館」は、小樽運河のほとりに位置する旧浪華倉庫を活用した大空間の中で、欧米のステンドグラスや、アールヌーヴォー・アールデコのガラス工芸品、家具などの西洋美術品を楽しめる美術館です。

ニトリは、これまで「ニトリ北海道応援基金」などを通じて、道内の教育・観光・文化活動を支援してきましたが、社会貢献活動の一環として同施設をオープンし、北海道のさらなる観光発展に寄与すると同時に、国内外の多くの方々が優れた文化・芸術に触れ、情操を育み、感動を共有できる場所にしていくとのことです。

施設は小樽運河完成から2年後の1925(大正14)年に完成した木骨石造の倉庫です。
小樽市指定歴史的建造で、かつては三井物産や三菱商事とともに三大商社と呼ばれていた、鈴木商店により建設されました。
光を採り入れるための円形の小屋根や、内部の力強い木の柱が特徴です。

展示内容は、19世紀後半から20世紀初頭に欧米で制作されたステンドグラスや、アールヌーヴォー・アールデコのガラス工芸品、家具などの西洋美術品です。

施設情報

住所 小樽市港町6-5
アクセス JR小樽駅より徒歩14分
営業時間 [5~10月]9:30〜17:00
[11~4月]10:00~16:00
面積 2,400㎡(726坪)

各施設の紹介

◆ステンドグラス美術館(旧荒田商会・旧高橋倉庫)

2106年7月より公開
建 物:旧荒田商会は、荒田商会の本店事務所として1935(昭和10)年に建てられた。アール・デコ様式を取り入れた左右対称のファサードが特徴的。前面は小樽運河に面しています。
旧高橋倉庫は、大豆を収める倉庫として1923(大正12)年に建てられた木骨石造の倉庫建築。2棟は内部で繋がっています。いずれも小樽市指定歴史的建造物です。
面 積:907㎡(274坪)
展示内容:19世紀末から20世紀初頭にイギリスで制作され、実際に教会の窓を飾っていたステンドグラス約100点。

◆旧三井銀行小樽支店

2017年9月より公開
2022年2月 重要文化財指定
建 物:旧三井銀行小樽支店の6代目建築として1927 (昭和2)年に完成。設計は戦前の日本で最大の建築事務所といわれた曾禰中條建築事務所。重厚な石積みの古典的な外観、内部は吹き抜けに回廊がめぐり、天井には石膏飾りが施されています。
面 積:1,529㎡(462坪)

◆似鳥美術館(旧北海道拓殖銀行小樽支店)

2017年9月より公開
建 物:1923(大正12)年に完成。大蔵省営繕官僚であり国会議事堂建設に携わった矢橋賢吉が中心となって設計した、ルネサンス様式の銀行。小樽市指定歴史的建造物。
面 積:3,162㎡(956坪)
展示内容:日本画や洋画、彫刻、ルイス・C・ティファニーによるステンドグラスなど主に近現代の美術品。

現在、ブラウザによっては「いいね」のカウンターが表示されない状態となっています。
ブラウザのキャッシュクリア、もしくはスーパーリロードをすることで表示されます。