スポンサーリンク

フォローする

ツナガル株式会社が、世界中からオンラインでアクセス可能なVR雪まつり会場を公開!

企業3コメント

ツナガル株式会社は、北海道を舞台にしたVR雪まつり空間を公開しました。

2月5日から開幕予定だった「さっぽろ雪まつり」は、感染症の再拡大の影響を受け、残念ながら大通公園会場での雪像設置が2年連続中止となりました。

例年多くの観光客で賑わっていた「さっぽろ雪まつり」に、また多くの方々に訪れて頂くことを願い、 世界中からオンラインでアクセスすることができるVRの雪まつり会場を公開しました。

※こちらの会場はさっぽろ雪まつり公式の仕様とは異なる、ツナガル株式会社が手掛けるバーチャルツアーサービス「LIVE Travelers」独自の仮想空間となっています。

コンテンツ詳細

VR会場内では、昨年惜しくも設置されなかった「未来の札幌雪像デザインコンテスト(北海道新聞社)」で最優秀賞を獲得した小学生3名のデザインを融合させた幻の雪像や、北海道の様々な場所や動物をイメージさせる雪像やオブジェが設置されています。

また、2022年1月23日(日)11:00~は、VR会場内で主に欧米豪圏の訪日関心層に向けたバーチャルツアーのパブリックビューイングを開催(英語での開催)。 日本、そして北海道に訪れる事のできない世界中の人達に向けて、札幌市時計台やさっぽろテレビ塔から生中継で札幌の魅力や「さっぽろ雪まつり」の歴史を紹介しました。

なお、VR空間の構築にはNTTが提供するXR空間プラットフォームDOORを活用しています。

————–
主催:北海道バーチャルトラベル推進協議会 / ツナガル株式会社
共催:株式会社VROOM
後援:さっぽろゆきまつり実行委員会
日時:VR会場 open 2022年1月21日(金)~
料金:無料
対象言語:英語
対象ユーザー:主に欧米豪の訪日関心層及び日本文化関心層
————–

 ▼VR会場URL ※PC及びVRデバイス推奨
https://door.ntt/web/event/vr-white-snow-festival.html

※上手く見られない場合はこちらから
https://door.ntt/web/rooms/vrwhitesnowfes-hokkaido.html

▼Youtube会場


※映像内58:30頃から、バーチャルツアーが開始されます。

今回の事業は、観光庁の観光DXの推進による新たな観光需要の創出や来訪意欲の増進を図る「来訪意欲を増進させるためのオンライン技術活用事業」として実施されました。