スポンサーリンク

フォローする

札幌駅前再開発着工に伴い『札幌エスタ』が2023年夏をもって閉店!

閉店24コメント

札幌駅前の『札幌エスタ』が2023年夏をもって閉店します。

これは、エスタ跡とその東側(北5西1・西2)に建設予定の地上46階、高さ約250mの複合ビルが2023年秋から着工することに伴います。元々は新ビル完成後にエスタを建て替えという話でしたが、エスタを閉店してから新ビル建設に着手するようです。

エスタは、1978年9月に「そごう」を核テナントとして開業しました。そごうは2000年12月25日に閉店しましたが、現在は「ビックカメラ」を核テナントに、LOFTやらーめん共和国などの人気施設が入居しています。

清水建設を代表企業として建設される新ビルは、2029年に開業予定となります。新幹線延伸を見据え、札幌の新しい顔として生まれ変わります。

札幌駅前では2022年9月にパセオも閉店します。少なくとも5年以上はパセオとエスタが抜けた穴を埋める施設ができませんから、影響は大きなものとなりそうです。

施設概要

  1. 運営会社 札幌駅総合開発株式会社
  2. 所在地 札幌市中央区北5条西2丁目
  3. 開業日 1978年(昭和53年)9月1日
  4. 施設規模 階 数 地上11階 地下3階
    延床面積 86,582㎡
  5. ショップ数 113店舗(2021年3月末現在)
    (内訳) 物販:71、飲食:36、サービス:6
  6. ショップ売上高 約146億円(2020年度実績

※5・6にはビックカメラ札幌店の数字は含まれていません

+2