スポンサーリンク

フォローする

【閉店】北欧STプランの『HOKUO JR手稲店』が5月30日閉店!33年の歴史に幕

閉店21コメント

北欧STプランが展開するパン屋『HOKUO JR手稲店』が2020年5月30日をもって閉店となります。
JR手稲駅店は1987年6月にオープン、33年間営業してきました。

HOKUOは現在JR手稲店の他、アピア店のみを展開しています。
2019年には1月31日にポールタウン店、7月1日に新札幌DUO店が閉店し絶滅が危惧されていました。
しかし同年7月26日に北36条店、11月1日に苫小牧店をオープンしなんとか店舗を維持していましたが・・・。

追記
コメントいただいていますが、MEGAドン・キホーテ苫小牧店は既に撤退済みの模様・・・。
外出できず確認できておりません。
北36条店も1月頃からシャッターが閉まった状態が続いています。
ただ、告知も無く看板も残っているため、完全に閉店したとは言いにくい状況です。

どんぐりやボストンベイクに並ぶ札幌の老舗パン屋です。
かつては地下鉄駅やJR駅の多くに出店していましたが、ここまで店舗が減ってしまいました。
さらに、JR手稲駅店の閉店により、駅構内店が消滅してしまいます。
(アピア店も駅構内と言えるかもしれませんが・・・。)

ここでHOKUOの歴史を振り返ってみましょう。

歴史

HOKUOは、1980年9月に北34条西11丁目に工場直営店として1号店をオープンしました。
会社設立は1979年12月で、当時は本州デパートへの販売をしていました。
そこから独立し、1981年にボストンベイクが生まれました。
それから2年後の1983年にどんぐりができました。(全くの別会社)

前述の通りかつては駅構内を中心に店舗展開していたので、それらを振り返ってみましょう。

  • 1982年12月 本社・工場移転、八軒に総本店をオープン
  • 1983年10月 地下鉄澄川店オープン
  • 1987年4月   地下鉄琴似店オープン
  • 1987年6月   JR岩見沢店オープン
  • 1987年6月   JR手稲店オープン
  • 1987年10月 西28丁目店オープン
  • 1988年3月   JR発寒中央店オープン
  • 1989年2月   地下街ポールタウン店オープン
  • 1989年4月   FC環状通東店オープン
  • 1990年1月   北欧館(山の手)オープン
  • 1991年9月   地下鉄円山店オープン
  • 1994年6月   新札幌DUO店オープン
  • 1994年10月 福住店オープン
  • 1994年12月 月寒中央店オープン
  • 1995年10月 JR白石店オープン
  • 1999年4月   地下鉄真駒内店オープン
  • 1999年10月 アピア店オープン

他に北24条などにも出店していました。

かつては北欧館パン博物館を開業するほど勢いがありました。
しかしそれも2015年3月に閉館しました。

札幌に根付いてきたパン屋です。
なんとかこのまま潰れないでほしいものです・・・。

店舗情報

住所 札幌市手稲区本町1条3丁目 JR手稲駅構内
アクセス JR手稲駅直結
営業時間 7:30~22:00
定休日 無休
駐車場

2+