スポンサーリンク

フォローする

新幹線オフィス実証実験第2弾~東北・北海道新幹線「はやぶさ」の全列車に“リモートワーク推奨車両” を用意~

企業9コメント

〇JR東日本は、場所や時間にとらわれない多様な働き方やくらしの実現に向けて、“新幹線オフィス”の実証実験第2弾を2021年6月14日より行います。今回は、JR北海道と連携して東北・北海道新幹線「はやぶさ」の全列車の1号車を「リモートワーク推奨車両」とし、始発駅から終着駅までの区間で新幹線オフィスとして利用できます。

〇協賛企業と連携し、一部の列車では新幹線車内でのリモートワークをより快適にするツールの貸し出しを行います。また、デスク環境やパーソナル空間づくりの検討を行います。

〇 新幹線車内でのリモートワークの課題やニーズを調査し、得られた結果を新たな移動サービスの創出に活かすことで、空間を越えたあたらしい“くらし”の実現を目指します。

本実証実験の詳細はこちら
URL:https://www.jreast.co.jp/shinkansen-office/

概要

東北・北海道新幹線「はやぶさ」の全列車(1日あたり上下計60本)の1号車を「リモートワーク推奨車両」とし、始発駅から終着駅までの区間で新幹線オフィスを利用できます。
通常、新幹線の座席では携帯電話などでの通話は控えるべきですが、「リモートワーク推奨車両」においては、座席にてウェブ会議や携帯電話などによる通話が可能です。
移動中でも快適に働ける空間を用意していますので、是非ご利用ください。

実証実験の期間 2021年6月14日(月)~2021年7月16日(金) (ただし、土休日を除く)

利用方法

○必要な乗車券類【乗車券、新幹線特急券など(新幹線eチケット含む)】を購入し、対象列車に乗車ください。
 ※ 「リモートワーク推奨車両」(1号車)の席予約はできません。隣接する2号車の座席指定席の購入をおすすめします。
○「リモートワーク推奨車両」に移動ください。座席指定はありません。リモートワーク環境向上のため、B席・D席以外の空いている座席をご利用ください。満席の場合は利用できません。
○「リモートワーク推奨車両」の利用にあたって追加料金はありません。
○マスク着用など感染防止対策をお願いします。
 ※ 輸送障害時等には本実証実験が中止になる場合があります。
 ※ 列車によっては、一部座席に電源がない列車があります。
 ※ 「リモートワーク推奨車両」での飲酒はご遠慮ください。
 ※ 「リモートワーク推奨車両」以外の車内では、引き続き携帯電話はマナーモードに設定の上、通話はご遠慮ください。

リモートワーク体験ツールの貸し出し

実証実験では、「リモートワーク推奨車両」において快適で効率的なリモートワークを体験するためのツールを貸し出します。
ツールの貸し出しは、以下の対象列車・区間において行いますので、利用の際は案内スタッフまで。

なお、案内スタッフが添乗する一部の列車では、お客さまアンケートを実施しています。
協力した方には、JR東日本の運営するシェアオフィス「STATION BOOTH」の無料利用チケットをプレゼントしています。

■ツールの体験ができる対象列車
【前半】2021年6月14日(月)~6月30日(水) ※ただし、土休日を除く


【後半】2021年7月1日(木)~7月16日(金) ※ただし、土休日を除く


協賛企業

(1)Wi-Fiルーター

(2)「WEAR SPACE」

(3)「骨伝導ヘッドセット」

(4)スマートグラス 「MOVERIO」

(5)スピーチプライバシーシステム 「VSP-2」

(6)「抹茶入りお~いお茶」(試供品)

※各機器などの数には限りがあり、搭載していない列車もあります。

+2