スポンサーリンク

2019年5月30日に掲載した「【注意喚起】「屋外排水清掃のお知らせ」のチラシに騙されないよう注意!市水道局とは全く無関係のため」という記事について(記事は削除済み)

記事中に記載しておりました「札幌水道サポート」は記事の内容と無関係の業者となります。屋外排水清掃などは実施しておりません。

訂正してお詫び申し上げます。

フォローする

狸小路7丁目に『ランプライトブックスホテル札幌』が6月3日オープン!

開店11コメント

狸小路7丁目に『ランプライトブックスホテル札幌』が2021年6月3日よりオープンします。

「ランプライトブックスホテル」は「本の世界を旅するホテル。」をコンセプトとしたソラーレホテルズのブランドで、『ランプライトブックスホテル札幌』は、名古屋に次ぐ2軒目となります。

大通公園や札幌市時計台が近い、狸小路商店街7丁目のアーケード内に位置し、「大通駅」または「すすきの駅」から徒歩9分です。
ポールタウン狸小路4丁目出口からは徒歩5分で、周辺には飲食店が多くあり、交通アクセスと利便性に恵まれた場所に開業します。
ホテル・ブックストア・カフェの全てが読書のためにデザインされた空間となり、地元の方や、旅行やビジネスで札幌を訪れる方など、様々な方が活用できるホテルとなります。

ホテル1階には、宿泊以外の方も利用できる24時間営業の“ブックストア”と“カフェ”を設けます。

ブックストアでは、楽天ブックスネットワークの独自のルートを生かし、「旅」と「ミステリー」をテーマにしたこだわりの選書で、約4,000冊の本を取り揃えます。
中には北海道や札幌の地に所縁のある物語や、北海道出身の作家の本も用意しています。
さらに、本にまつわる雑貨コーナーも設け、近隣住民も楽しめるオリジナリティあふれるブックストアとしてオープンします。

カフェは広々とした落ち着きのある空間に44席の座席を設け、北海道で14店舗を展開するMORIHICO.が焙煎するこだわりのコーヒーやスイーツを提供します。
カフェで飲食をしながら、ブックストアの本を自由に試し読みすることも可能で、ここでしか味わえないカフェタイムを過ごすことができます。

また、ホテル宿泊の方には、ブックストアから好きな本を選んで客室に持ち込める「ブックス トゥ ゴー」のサービスを提供します。
お気に入りの1冊を見つけてホテルでゆっくりと読書に没頭する、いつもとひと味ちがうホテルステイを楽しむこともできます。

客室は“本の世界を旅するホテル” の世界観を感じられるようにデザインされ、本棚をイメージさせる木格子があり、落ち着いた雰囲気のインテリアでまとめられています。
2名定員と3名定員の6タイプの客室は、レインシャワー付のシャワーブースか、洗い場とバスタブ付のバスルームがあります。
全ての客室に独立したトイレが備えられています。

【宿泊料金(参考価格)】

施設情報

住所 札幌市中央区南2条西7丁目5-1
アクセス 地下鉄大通駅より徒歩9分
チェックイン 15:00~
チェックアウト ~10:00
電話番号 011-218-1511

0