スポンサーリンク

フォローする

【そば】6月21日オープンの『そば助 札幌すすきの店』を紹介!

2019/07/17そば1コメント

概要

首都圏を中心に展開するそばチェーン店『そば助』が北海道初上陸、2019年6月21日よりすすきのへオープンします。
夜中心の営業となりますので、オープンは19時からとなります。

そば助では一般的な醤油ベースの出汁を使わず、塩だしを使用したそばを提供しています。
醤油ベースでない蕎麦は、札幌ではまだ浸透していませんので、これからが楽しみです。

また、首都圏のそば助は立ち食いそばのような雰囲気があり、サッと食べてサッと帰る人も多いのですが、すすきのの店舗はそうではありません。
今回オープンするすすきの店には、カウンター6席・4人掛けの席が8つ用意されており、お酒・おつまみメニューも豊富です。
大人数での宴会はさすがに無理だと思いますが、友人同士で居酒屋のような用途で利用することも充分可能です。

メニュー

そば助では塩だしそばの他、しゃぶしゃぶも提供しています。

私も事前に試食させていただきましたので紹介いたします。

しゃぶしゃぶ

まずはしゃぶしゃぶですが、千歳産の希少肉・う米豚(うまいとん)を使用しています。
う米豚は本当に希少なため、仕入れできないときはしゃぶしゃぶの提供はしないとのことです。

しゃぶしゃぶの出汁も、そばと同じく塩だしでいただきます。
つけ汁として柚子ポン酢ダレが出てきます。

食べてみた感想ですが、お肉が本当に柔らかく口の中で溶けるような食感です。
そして塩だしとの相性もバッチリでした。
すすきのにはしゃぶしゃぶ屋が数多くありますが、その中でも上位に入るほどなのではないでしょうか。

しゃぶしゃぶは、肉と野菜のセットで一人前2350円となっています。

そば

肝心なそばですが、鳥つけそばを頂きました。

そばは十割蕎麦を使用しており、喉をスルスルと通っていきます。

いざ出汁につけて食べてみると、最初は「つけめんを食べているのかな?」という感覚になります。
でも麺はやはり蕎麦で、醤油ベースでしかそばを食べたことのない私にとっては、不思議な感覚でした。

そして、そばももちろん美味しいのですが、それ以上に鶏肉の美味しさに驚きました。
そば助では、そばや出汁のみでなく、肉にもしっかりこだわりを持っているという印象を受けました。

こちらの鳥つけそばは810円となっています。

一番安いメニューは、かけそばともりそばで、550円となります。

店舗情報

住所 札幌中央区南5条西4丁目4-1 サンヨービル弐号館1F
アクセス 地下鉄南北線すすきの駅5番出口より徒歩2分
営業時間 19:00~翌7:00
[日]~翌5:00
定休日 無休
駐車場 無し

こちらでは、北海道ならではのう米豚を使用(本州ではやまと豚使用)していたりもするので、東京でよく行っていたという人も行く価値は充分にあると思います。

0