スポンサーリンク

フォローする

2023年に閉業する札幌の大型施設まとめ

まとめ5コメント

ピヴォ(2022年10月23日撮影)

2023年に閉業する札幌市内の大型施設についてまとめました。

センチュリオンホテル&スパ札幌

南6条西3丁目の『センチュリオンホテル&スパ札幌』が1月16日の宿泊チェックアウトをもって閉館します。

2019年11月11日に「ホテル新東」跡にオープンしたものでした。
館内には24時間営業の大浴場があり、地域唯一の高温100℃サウナ・自動ロウリュを完備。
サウナーにも親しまれていたホテルが閉館となってしまいます。

ピヴォ

1995年9月14日にオープンしたファッションビルのピヴォが閉館します。
そのうち、「PIVOT」、「ペンタグラムビル」が5月16日閉館。
「ダイビルPIVOT 南館」が10月末で閉館となります。

「PIVOT」は、地上9階・地下3階建てでメインとなっているビルです。
「ペンタグラムビル」は、地上3階建てでThe Lighthouse Coffee & BEERが入居しています。
「ダイビルPIVOT 南館」は、地上7階・地下2階建てで「ファミリーマート 札幌南2条西4丁目店」などが入居しています。

ピヴォのビルが竣工したのは1969年のことで、当時は「中心街デパート」として開業しました。
その後、1973年11月26日に『ダイエー札幌店』が開業。
50年以上の歴史を刻んできたビルですが、取り壊しとなります。

ビル所有者であるダイビルの元、新たなビルが建てられることとなります。

エスタ

札幌駅前の『札幌エスタ』が2023年夏をもって閉館します。

エスタは、1978年9月に「そごう」を核テナントとして開業しました。
そごうは2000年12月25日に閉店しましたが、現在は「ビックカメラ」を核テナントに、LOFTやらーめん共和国などの人気施設が入居しています。

その後は、「(仮称)北5西1・西2地区市街地再開発事業」が2028年度に開業予定です。

なお、核テナントの「ビックカメラ」は東急百貨店へ移転予定。
「LOFT」は、狸小路3丁目に開業する「moyuk sapporo」へ移転予定となっています。

太平ゴルフセンター

太平の『太平ゴルフセンター』が10月31日を閉館します。

1974年(昭和49年)に開業したこちらの施設。
老朽化などのため、50年近くの営業に幕を閉じます。

奥行220ヤード・打席数72打席に加え、バンカー・アプローチ練習場・パッティンググリーンを完備しています。

新規入会の申し込みは既に終了しています。
また、3月31日でマイレージの付与を終了、クレジットカードの利用を終了。
9月30日で会員の更新が終了となります。