スポンサーリンク

フォローする

フッズスノーエリアが12月19日よりオープン!当面は第1ペアリフトのみの運行

施設情報2コメント

フッズスノーエリアが12月19日より2022-2023シーズンの営業を開始します。

ただし、積雪不足のためコース限定の開放となります。
運行リフトは、第1ペアリフトのみの運行(9:00~16:00)です。
積雪不足のため夜間の安全確保が困難につき、当面ナイター営業は中止となります。

12月18日時点で山頂積雪は22cmとなっています。

なお、真駒内駅からの無料シャトルバスは12月21日まで運休となります。
運行日が決定次第案内されます。

また、今シーズンからリフト券がICカードとなります。
リフト券(ICカード)保証金として、500円をリフト料金に加算されますが、ICカード返却後に返金されます。
保証金を除いたリフト料金は昨シーズンから変わりません。

現在、札幌市内で営業しているスキー場は、札幌国際スキー場・サッポロテイネ・ばんけいスキー場です。
藻岩山スキー場はオープンを見送っています。