スポンサーリンク

フォローする

定山渓万世閣ホテルミリオーネに地上45mで“ととのう”国内最大級のサウナ付き客室が登場!

施設情報1コメント

北海道で宿泊施設を運営する株式会社萬世閣は、「定山渓万世閣ホテルミリオーネ」にて、展望サウナ付客室・温泉展望風呂付客室・貸切専用サウナ、および展望サウナ・温泉展望風呂付客室宿泊者専用の食事処を新設しました。10月25日(月) にグランドオープンします。

定山渓は、"札幌の奥座敷"として知られる温泉郷。札幌中心部から良好なアクセスにありながら、豊かな渓谷と深い森に囲まれた自然をたっぷり味わえる温泉地です。

今回新設するサウナ付客室および貸切専用サウナは、当ホテルの最上階、地上45mに位置します。
サウナ室の壁は一面大きなガラス窓で、絶景を眺めながら汗を流しせます。
水風呂・外気浴椅子はテラスに配置し、心地よい風を感じながら全身を預けて心ゆくまで“ととのう” ことができます。

今回の新設サウナは、サウナー専門ブランドやサウナのプロデュースを手がけるTTNEが監修。
貸切専用サウナ「saunoa room」には美しい曲線を描いたサウナベンチをオリジナルで制作。
人の身体にフィットした曲線で、ストレスなく休めるように仕上げました。
セルフロウリュができるこの部屋には、シトラス・白樺・ベリーの3種のサウナフレグランスを用意。
完全貸切のサウナで温度や湿度を自分好みに調節して楽しめます。
サウナ上がりには、ウイスキー発祥の地として知られる山崎のプレミアム炭酸水をはじめ、4種のドリンクを人数分用意しています。

さらに同日、食事処「Kuksa(ククサ)」も新たにオープン。
「Kuksa」はサウナ付客室・温泉展望風呂付客室の宿泊者のみが入場可能となる食事処。
茶室の躙口を思わせる小さな入り口から始まり、“お忍び”感を味わえるプライベートな空間で、喧騒から離れた上質な時間が過ごせます。

完全貸切サウナ「saunoa room」

「saunoa」はフィンランド語で「サウナに入る」ことを意味する言葉。
その名の通り、”ととのい”を求めるサウナーのための専用部屋です。
ソファや床材は濡れても問題ない素材を使用し、水着の場合もそうでない場合でも、サウナ上がりの時間までストレスなく快適にのんびり過ごせます。
貸切サウナは日帰り利用も可能。利用方法は公式サイトをご確認ください。

温泉展望風呂付客室

80㎡の広々としたお部屋を11〜13階の渓谷側に14室新設。
大きな窓がついた展望風呂には定山渓温泉を引いており、いつでも温泉を楽しめます。
ミリオーネの宿泊部屋で温泉を楽しめるのはこのお部屋限定。
定山渓のナトリウム塩化物泉は、塩分が肌に付着し放熱を防ぐため、「湯冷めしない」温泉と人気の泉質です。

食事処「Kuksa(ククサ)」

「Kuksa」は北欧に古くから伝わる白樺製のマグカップのことで、贈られた人は幸せになるという言い伝えを持つ伝統工芸品。
「お客様に幸せが訪れますように」という思いを込めて名付けました。

「Kuksa」は、温泉展望風呂付客室・サウナ付客室の宿泊者のみが入場可能となる完全個室の食事処。
自家製の梅干しで味付けする酢の物や、ヤーコンの自家製漬物など、道内でも珍しい食材を使用し、小さなこだわりを詰め込んだ調理長自慢の季節会席膳を提供します。

施設情報

住所 札幌市南区定山渓温泉東3丁目
アクセス 地下鉄南北線真駒内駅より車で30分
HP https://www.milione.jp/
駐車場

+1