スポンサーリンク

フォローする

新幹線工事に伴い札幌駅周辺道路で通行止め・車線規制も 7月からは創成川通の一部で夜間車線規制を実施

交通13コメント

新幹線札幌駅外観イメージ

JR北海道は、北海道新幹線札幌延伸に伴い、新幹線高架橋の建設工事を進めています。
工事に伴う一部道路の通行止めや車線規制について発表しました。

2022年6月より新幹線駅舎ができる札幌市中央区北6条西1丁目エリアを皮切りに新幹線高架橋工事に着手しています。このため、2022年4月から車両の通行が出来なくなっている北6条線(西1丁目)では、2022年6月1日以降、歩行者も通行ができなくなりました。

また、2022年7月以降、創成川エリアの工事に伴い、国道5号創成川通の一部にて夜間の車線規制を行います。(2026年度頃までを予定)

さらに、2022年9月以降、北6条東1丁目エリアの工事に伴い、鉄道高架側道1号線の一部が通行できなくなる予定です。

<創成川通断面図>

施工前

施工中

※4車線のうち、夜間工事(21時~6時)に伴い1~2車線の車線通行規制を行います。なお、昼間の車線通行規制は実施しません。