スポンサーリンク

フォローする

「さっぽろオータムフェスト2022」が9月9日より開催!3年ぶりとなる会場開催に

イベント10コメント

さっぽろオータムフェスト実行委員会では、2022年9月から始まる「札幌・ミュンヘン姉妹都市提携50周年記念 さっぽろオータムフェスト2022」について、3年ぶりとなる会場での開催を予定しています。

4丁目会場「SAPPORO WELCOME PARK」では、さっぽろオータムフェストの“エントランス会場”として、北海道・札幌の味覚に加え、オータムフェストの全会場の情報や北海道・札幌の観光に関する情報も発信します。

5丁目会場「HOKKAIDOラーメン祭り2022&喰い倒れ広場」では、『北海道内のご当地ラーメン』をコンセプトに、道内各地のラーメンをメインで提供する会場とします。またそのほか、道内各地域の新しい「ご当地の食」を提供することで、各地域の魅力の発信を行います。

6丁目会場「あおぞら×ほしぞら収穫祭 はーべすとバザール」では、『札幌の食』をコンセプトに、札幌市内及び札幌近郊の食関連団体や個店が道産食材を使用した料理を提供することで、札幌発信の料理や札幌の個性的な食の魅力を伝えます。

7丁目会場「大通公園7丁目BAR」では、『北海道産のお酒と、お酒によく合う料理』をコンセプトに、道内の酒蔵から日本酒やワイン等を提供し、北海道産のお酒の魅力を発信します。また、これらのお酒に良く合う道産食材を使用した料理を提供することで、道産料理と道産のお酒のおいしい飲み方を提案します。

8丁目会場「さっぽろ大通 ほっかいどう市場」では、北海道の自治体がまちのPRを兼ね、地域の特産品を販売する会場構成とします。なお、多くの市町村等が参加できるよう、会期を通じた出店のほか、入れ替え出店も実施します。

10丁目会場「Oh!ドーリファーム お肉じゅっ丁目」では、『北海道の地域のお肉』に徹底的にこだわり、厳選された素材を魅力的な料理として発信します。会場はおしゃれなアウトドアをテーマに、幅広い世代に好まれる展開とします。

11丁目会場「THE Autumn -食のクリエイトステージ- 」では、『北海道・札幌の食の魅力発信』をコンセプトに、北海道・札幌の食を一流の食材、一流の料理人、一流のサービスにこだわって発信し、生産者・料理人・提供者と来場者が交流できる会場とします。また、札幌とミュンヘンの姉妹都市提携50周年を記念して、ドイツビールやドイツの郷土料理の提供を行います。

新型コロナウイルス対策としては、以下を予定しています。
・飲食エリアは入退場口を設け、検温、手指消毒のうえ、人数管理を行う。
・北海道コロナ通知システムへの登録を呼びかける。
・座席間距離を確保し、対面席にはアクリル板を設置する(北海道が定める第三者認証基準を準用)。
・入退場口や販売窓口等の密回避を徹底する。
・喫煙は不可とする。
・2時間以内の利用をお願いするほか、会話の際のマスク着用を呼びかける。
・会場スタッフによる飲食席利用者の入れ替わり毎の清掃・消毒を行う。
・キャッシュレス決済を導入する。
・スタッフはマスク着用、こまめな手洗い・手指消毒を徹底するほか、体調確認を毎日行い、体調不良者の従事を禁止する。
・来場者に対する注意事項を記載した看板を設置するとともに公式ウェブサイト等で周知する。

会場大通公園4丁目~8丁目、10丁目、11丁目
特別会場(創成川公園狸二条広場)
会期2022年9月9日(金)から10月1日(土)の23日間
開催時間10:00~20:30
※ラストオーダーは20:00とする。
主催さっぽろオータムフェスト実行委員会
構成団体:札幌市、札幌商工会議所、(一社)札幌観光協会、北海道百貨店協会、
札幌大通まちづくり(株)、日本航空(株)、全日本空輸(株)、(株)AIRDO、
北海道旅客鉄道(株)、(株)JTB、近畿日本ツーリスト(株)、(株)日本旅行北海道、
札幌市内ホテル連絡協議会、(株)北海道新聞社、スイーツ王国さっぽろ推進協議会、
札幌文化団体協議会、(一社)札幌青年会議所