スポンサーリンク

フォローする

札幌市役所地下食堂は7月31日で滝本食品による受託運営が終了!8月3日より受託事業者がユニオン給食となりリニューアルオープン

施設情報3コメント

札幌市役所本庁舎地下食堂の受託事業者が変わります。

これまでは滝本食品株式会社が運営してきましたが、2020年7月31日をもって受託運営を終了します。
週が明けて8月3日よりユニオン給食株式会社による運営へ切り替わります。

滝本食品の歴史

滝本食品株式会社は、1952年12月1日より市役所食堂の運営を開始しました。
まだ旧札幌市役所(北1条西4丁目)の時代ですね。

そして現在の札幌市役所が竣工したのはオリンピック前年の1971年10月31日。
現在の地下食堂は、その頃から営業していました。

この通り、滝本食品は旧市役所時代から数えて70年近く、現市役所から数えても50年近く、札幌市役所に寄り添って運営してきましたが、この度は諸般の事情により受託運営を終了することになってしまいました。

ユニオン給食について

ユニオン給食株式会社は、札幌中央図書館食堂『図書苑』やJICA北海道レストラン『地球こうさてん』などを運営しています。

札幌市エレクトロニクスセンター食堂も運営していましたが、2020年3月27日をもって撤退しました。

この他、札幌市内の小学校10校・中学校15校に調理チーフを派遣して学校給食を作っています。

1964年2月11日の設立の会社で、こちらも札幌市にずっと寄り添ってきている受託事業者です。

札幌市役所地下食堂でも、変わらずコスパ抜群のメニューを提供してくれるのではないでしょうか。

その他

この他、「豊平区役所食堂」は今年5月19日をもって営業終了しました。
受託事業者は株式会社Harapecoでした。

また、「札幌第3合同庁舎地下食堂」も4月24日で閉店しています。
受託事業者は株式会社どうきゆうでした。

2020年は札幌市内にある庁舎の食堂事情が変わる年ですね。

メニュー

2020年7月31日までのメニューです。名物メニューは残るのか否か・・・。

  • すずらん定食(500円)
  • 時計台定食(550円)
  • おさかな定食(580円)
  • スペシャルラーメンセット(750円)
  • スペシャルラーメン(650円)
  • 特選そば・うどんセット(650円)
  • 特選そば・うどん(550円)
  • 本日の丼もの(530円)
  • 幕の内(570円)
  • カツ丼(500円)
  • カレーライス(480円)
  • カツカレー(630円)
  • ハンバーグカレー(570円)
  • しょうゆラーメン(470円)
  • 塩ラーメン(480円)
  • みそラーメン(490円)
  • 冷やしラーメン(590円)
  • ざるそば・うどん(390円)
  • かけそば・うどん(340円)
  • 山菜そば・うどん(380円)
  • 海老かき揚げそば・うどん(450円)
  • かしわそば・うどん(470円)
  • 冷やしたぬきそば・うどん(430円)

店舗情報

一般市民も利用できます!

住所 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎地下1階
アクセス 地下鉄大通駅より徒歩2分
営業時間 10:00~15:00
(8/17より)10:00~18:00
定休日 土日祝
駐車場

0