スポンサーリンク

フォローする

ラーメン屋の『札幌炎神』が南5条店も含め9月末で閉店へ・・・狸小路店火災を受けて

閉店26コメント

人気ラーメン店の『札幌炎神』が、2020年9月末をもって閉業します。

札幌炎神は、9月15日に狸小路店で火災を発生させてしまいました。
この事実を厳粛に受け止め、閉業することとなりました。
今年7月14日にオープンしたばかりの南5条店も閉店します。
なお、火災が発生した狸小路店はこのまま閉店です。

札幌炎神は2011年8月24日に南2条西3丁目のエルセントロ札幌にて開業。
その後移転し、2012年9月1日より狸小路4丁目の現店舗で営業を始めました。
2020年7月14日には南5条店をオープンしました。
開業以来9年間で延べ150万人ものお客さんが訪れたようです。

元々は火を上げながら調理する「Fire調理」で名を馳せていましたが、2019年12月より実施を見送っていました。

現在入居しているビルは、2021年での解体を予定していました。
今回の火災は、そのビルがもうダメになるほどのものでした。
2階のインド料理店『JYOTI』も移転先を見つけるしかない状態となっています。

報道では、調理中のラードに火が燃え移ったのが出火原因とされています。
火を消そうと水をかけた際に火が燃え上がりました。

火災を発生させてしまった事実に変わりはありませんが、地元民にも愛されてきたラーメン屋です。
完全に閉業してしまうにあたり、悲しみの声も多く上がっています。

店舗情報(南5条店)

20日は休業です。残る営業日は9月21日~30日の10日間となります。

一度も食べたことがない人、もう一度食べたい人は、チャンスは残り10日です。

住所 札幌市中央区南5条西8丁目7-1 吉田ビル1F
アクセス 地下鉄南北線すすきの駅より徒歩8分
営業時間 11:00~15:30、17:00~24:00
定休日 9月20日
駐車場 隣にコインパーキング

1+