スポンサーリンク

フォローする

南12西15の『cafe maison(カフェメゾン)』が11月21日で閉店!大泉洋さんの親友のお店

開店7コメント

南12条西15丁目の『cafe maison(カフェメゾン)』が2020年11月21日をもって閉店します。

昭和30年代の古民家をリノベーションした店舗で営業してきました。
この度は老朽化による取り壊しのため閉店するとのことです。

また、ここの店主である新見さんは大泉洋さんの大学時代からの友達でもあります。
以前は札幌駅近くにあったイタリア料理店「ディマーレ」で店長を務めていました。
水曜どうでしょうの夏野菜企画でパイ生地を作った人としても有名です。(実はピザ生地だったよう)
これがきっかけで「おいパイ食わねぇか」という名言が生まれました。

そして革職人としての顔も持ち、「Barbuto」という革細工ブランドも展開しています。
大泉洋さんや戸次重幸さんもこの革製鞄などを愛用しているようです。

料理は、五島うどんを使った「鶏塩うどん」家庭の味の「おうち定食」やモチモチ麺の鉄鍋スパゲッティー、豚肉の赤ワイン煮込み等、拘りの洋食を提供してきました。

店内には大泉洋さんはじめ、チームナックスの落書きサインもたくさんあります。
その他有名人も訪れていて、その方たちのサインもあります。
そんな歴史を刻んできた建物が無くなってしまうのは寂しくなります・・・。

建物は無くなってしまいますが、またどこかで新見さんの料理を食べられるといいですね。

店舗情報

住所 札幌市中央区南12条西15丁目1-18
アクセス 市電西線11条駅より徒歩3分
営業時間 12:00~16:00
定休日 月曜・第3日曜
駐車場 5台

1+