スポンサーリンク

フォローする

『クロスホテル札幌』ホテル前庭の焚火専用テントでウインターキャンプ「マチナカTAKIBI BAR」誕生!

施設0コメント

クロスホテル札幌は、2023年1月27日(金)~3月27日(月)の60日間限定でホテル前庭にて「マチナカTAKIBI BAR」を開催します。1月18日から予約を開始し、ホテル宿泊者向けのお得なプランも用意します。

「マチナカTAKIBI BAR」では、直径6m、高さ3.6mの大型の空気循環型焚火専用テントをホテル前庭に設置します。テント内には3つテーブルがあり、それぞれの卓上に用意した焚火台に来場者自身で薪をくべ、バウムクーヘンやチーズなどのフードをあぶりながら、アルコールやホットドリンクを楽しめます。

アウトドアブームが後押しし、冬でも屋外で一つの焚火を囲む「焚火バー」は開催されていますが、室内での焚火バーは珍しく、寒い冬でも暖かく、そして安全で快適な焚火バーをできるように、今回はテント内に温風を送り込みながら、空気が循環されるテントの使用と、キャンプ場スタッフによる指導、見守りをつけて、アウトドア初心者でも気軽にウインターキャンプ気分を味わうことができるよう工夫しました。また、薪には安全性と地域性を考慮し、煙が出づらい北海道産白樺を採用、提供フードにも地域性を感じられる北海道産の鮭とばなどを用意します。

今回のイベントは、焚火の楽しさを伝える活動を行っているTakibiage社とタイアップをし、同社のオリジナル焚火テントシステム「TAKIBI TENT  f-Style」を活用しています。札幌駅から徒歩5分の札幌市中心部で、宿泊の方以外にも旅行者や地元の方が安全に快適に焚火を楽しめるよう企画しました。

マチナカTAKIBI BARについて

インテリアコーディネーターがプロデュースしたテント室内で、焚火の揺らぎを感じながら、フードやドリンクをお楽しみください。

開催日時:2023年1月27日(金)~3月27日(月)
15:00~22:30 ※天候により休業する場合があります。
客席数 :3テーブル、8席 ※予約制・先着順

〈提供メニュー〉

おつまみセット(イメージ)

料   金:焚火セット 1名3,000円(税込み)
セット内容:席料(90分)、薪、フードセット、ワンドリンク、フードセット(いずれか一つを選択)
・おつまみセット(サラミ、ベーコン、鮭とばなど6品)
・カフェセット(バウムクーヘン、スイートポテト、チーズケーキなど6品)
※追加のフード、ドリンクは単品で用意します。
※仕入れなどにより、メニューを変更する場合があります。

焚火で炙るスイーツ(イメージ)

〈予約方法〉
予約開始日:2023年1月18日(水)16:00~
マチナカTAKIBI BAR 公式ウェブサイトで受付/URL https://coubic.com/takibi-bar
ご利用希望日の前日までの予約申し込みが必要です。詳しくは公式ウェブサイトをご覧ください。

クロスホテル札幌利用者特典

宿泊者向けに特別プランを用意しています。

・TAKIBI BAR確約宿泊プラン
宿泊とTAKIBI BAR利用(90分)をセットにしたプラン。
宿泊開始:2023年1月27日(金)
料  金:1名1泊 10,000円~ ※2名1室利用
予約方法:電話またはホテル公式ウェブサイトで受付宿泊の3日までにご予約ください。
                   TEL 011-272-0010(代表)
                   ホテル公式ウェブサイト https://www.crosshotel.com/sapporo/

・宿泊者特別価格
宿泊の方は焚火セットを2,000円(1名)で利用できます。
予約方法:宿泊予約時に案内される予約専用サイトで予約の上、当日カードキーをご提示ください。

Takibiage社からのメッセージ

外観は横幅6m高さ3.6mの大型ティピーテント。

冬でも室内は20℃をキープしつつ常に空気の入れ替えを行うことで一酸化炭素や煙を室内に残さない独自の新システムにより焚き火が出来る室内空間を作りました。

通常行われている焚き火の商業利用では、焚き火の周りに座り眺めることで非日常的な空間を演出するというものでした。「f-Style」では自分で薪をくべ自分の焚き火を育てる本物の「焚き火」を体験していただきます。今まで経験したことのない極上の非日常の癒しを感じていただけるでしょう。

いつまでも続く余韻がお客さまの高い満足度と素敵な想い出として残ります。
「TAKIBI TENT  f-Style」で過ごす時間はお酒と大人の会話が良く似合います。