スポンサーリンク

フォローする

ホテル業界のDXを推進するSQUEEZE、北海道においてブランド初出店となる「Minn 千歳」を12月21日にオープン!

開店0コメント

株式会社SQUEEZE は、ライフスタイル型スマートホテル「Minn 千歳」を2022年12月21日に開業しました。ファミリーやグループ、長期滞在などのあらゆるニーズに対し、快適な空間と体験を提供します。

Minn 千歳 施設ページ
https://staytuned.asia/brands/minn/hotels/minn-chitose/

グループや家族の「みんな」で泊まれることに、宿泊施設を意味する「inn」を掛け合わせた独自ブランドである「Minn (ミン)」は、 2017年その第1号店を大阪にオープン後、東京や長野にも施設を増やし、4名以上のグループやファミリー層でも1部屋に宿泊できる部屋を提供しています。

今回開業した「Minn 千歳」は、Minnの中でも広い客室が特徴で、一番広い客室は広さ114㎡、最大定員12名で宿泊することが可能です。新千歳空港からひと駅に位置するJR「南千歳駅」から徒歩8分の場所にあり、「アウトレットモール・レラ」とレンタカー村の真ん中に位置します。新千歳空港からのアクセスが良くお部屋が広く且つレンタカーショップが近くにあって、観光、アクティビティ、スポーツなど多目的に旅行の拠点として最適なホテルです。

Minnブランドのスタンダードであるオンラインチェックイン、エクスプレスチェックアウトを導入しており、予約からチェックアウトまでの手続きがスマートフォン上でシームレスに完結。「クラウド運営チーム」によるクラウド運営チームが快適な滞在のサポートをします。

施設情報

住所 千歳市柏台南2-1-1
アクセス JR南千歳駅より徒歩8分
客室 合計51室(17室X3棟)
1LDK 定員5名 2LDK 定員6名 3LDK 定員12名
最大収容人数 321名
駐車場 74台

クラウド運営チーム

遠隔接客サービス「クラウド運営チーム」とは、複数のホテルを一元管理しフロント業務やマーケティング業務を遠隔(リモート)にて提供できるクラウドサービスです。SQUEEZEは2019年に現地法人であるSQUEEZE Asiaをカンボジア・プノンペンに設立し、リモートコンシェルジュ事業をスタート。カンボジアのセンターからのみならず、その他国内外の在宅ワーカーによりホテル業務を遠隔サポートできる仕組みを構築しました。24時間365日オンライン上でお客さんのチェックイン・アウトや予約受付、電話・メッセージ対応、お部屋の在庫管理、清掃業務管理等の幅広い業務を行っています。

昨今は、生活のあらゆるシーンで非対面・非接触が推奨されており、ホテル業界においても遠隔接客サービスのニーズが急増しています。

また、SQUEEZEが自社開発するクラウド宿泊管理システム「suitebook(スイートブック)」は複数施設管理に適した機能を搭載し、フロント業務の自動化や情報を一元管理することで遠隔地からでも漏れのない効率的なゲスト対応や清掃管理が可能です。「suitebook(スイートブック)」は宿泊業務の生産性を高めるSaaS(Software As a Service)として、チェックインシステムやスマートロック等の様々なIoTとも柔軟にAPI連携が可能であり、常に最新のオペレーションへと改善ができる運営体制を支援しています。
「suitebook(スイートブック)」
https://squeeze-inc.co.jp/services/#ser01