スポンサーリンク

フォローする

にんにく王子が手掛ける北海道初のにんにく専門店『にんにく種蔵』(狸小路)でダイヤモンドにんにくサルシッチャが販売開始!

新商品0コメント

にんにく種蔵は、札幌の新たなストリートフードを目指してダイヤモンドにんにくサルシッチャを販売開始しました。時期同じくしてイタリア帰りのシェフであるにんにく王子が手掛けるオリジナル新商品「ダイヤモンドにんにくバーニャカウダ」もリリースしました。

『にんにく種蔵』は、札幌狸小路商店街にある北海道初のにんにく専門店です。美瑛町にある自社農園で無農薬で育てるオリジナルブランド「北海道のダイヤモンドにんにく」のアンテナショップとして、ダイヤモンドにんにくのオリジナル商品の展開をはじめ全国から厳選して取り寄せたにんにく商品を販売しています。昼は商品の販売とテイクアウトサルシッチャの提供。夜はにんにくフードやにんにくドリンクの立ち飲み酒場として運営。

また、「北海道のダイヤモンドにんにく」は、「香り高く匂わない」エレガントで高貴な味わいが特徴のにんにくです。
にんにく生産は化学肥料を大量に用いて工場的機械的に大量生産するのが一般的です。同農園はまったく逆の発想で農薬化学肥料を使わず手間暇かけて愛情注いで育てています。
手間暇かかるが故の少量生産。少量しかなく希少だからこそ価値が高いのがダイヤモンド。ダイヤモンドにんにくはまるでダイヤモンドのようなにんにくです。

にんにく王子とは

イタリア帰りの料理人経営者。本場イタリアでの修行中衝撃を受けたのはにんにくそのものの美味しさだった。それを日本で形にすべく帰国後は北海道へ移り「生産から口に届くまで」をモットーに生産から携わる。無農薬ブランド野菜北海道のダイヤモンドにんにくプロジェクトを立ち上げ生産から流通まで一貫して様々なアプローチから仕掛ける。より多くの方々に届けるため北海道随一の都市札幌の中心部ににんにく専門店を構える。

ダイヤモンドにんにくをフラッグシップとしオリジナル商品を展開中。
野菜界の「六花亭」の座を得るべく日々奔走中。

佐藤雅人
1990.04.11
宮城県登米市出身
東北学院大学経営学部卒

サルシッチャとは

サルシッチャとはイタリア郷土料理の生フランクです。新鮮な道産豚ひき肉にスパイスをブレンドして生肉のまま腸詰をします。今回はこの料理にダイヤモンドにんにくをブレンド。本場イタリアのレシピをベースにダイヤモンドにんにくサルシッチャを開発しました。

燻製加熱されたウィンナーとは違い生肉が故の旨味と肉汁が特徴的。そこにダイヤモンドにんにくの香りと旨味が相乗効果で1度食べたら病みつきになる商品。

このまま食べても美味しいダイヤモンドにんにくサルシッチャですが、更にここに当社のオリジナル商品ダイヤモンドにんにくマヨネーズをディップオン。にんにくマヨネーズの深い味わいが相まってリピーター続出中です。

このサルシッチャを串刺しにて提供。狸小路や創生川、大通りの散策のお供として新たな名物ストリートフードを目指しています。

系列店の出汁スープカレー店おだし食堂でもトッピングメニューとして大人気となっています。

バーニャカウダとは

今回サルシッチャと時期を同じくしてリリースした商品「ダイヤモンドにんにくバーニャカウダ」

定山渓の工場に製造を依頼しており、まさに生まれ(生産)も育ち(加工)も北海道という逸品です。

バーニャカウダはにんにくとアンチョビが主役のソースでこれらの美味しさが問われます。このにんにくをダイヤモンドにんにく100%で製造。

レシピはこれまたイタリアンシェフであるにんにく王子が現地レシピをもとに監修。レストラン顔負けクオリティのバーニャカウダが出来ました。

既存大人気商品であるダイヤモンドにんにくマヨネーズと二大巨頭としてPRしていきます。