スポンサーリンク

フォローする

第17回札幌国際短編映画祭が10月7日より開幕!グランプリはスウェーデン作品「ダイヤモンド」審査員特別賞は平和を描いたウクライナの「ヒューマン」に決定!

イベント0コメント

第17回札幌国際短編映画祭(SSF2022)の応募数は世界95の国と地域から2,712作品。選び抜かれた<20の国地域、81作品>が上映されます。

そして、10/6(木曜)にコンペティション・ノミネート作品<54作品>の中から、国際審査員の審査を経てグランプリを含む公式コンペティション主要部門各賞を発表しました。グランプリにはスウェーデンのヴェドラン・ルピック監督の「ダイヤモンド」(約14分)が受賞。友情を探し求める孤独な男性のシュールでコミカルな作品。審査員特別賞は平和を願い人間の本質を台詞なしで描いたウクライナのハチャトゥル・ヴァシリアン監督の「ヒューマン」(約15分)。その他の受賞作品を含め会期中アワードプログラムA,B,Cの3つのプログラムで上映します。

尚、最優秀国内作品賞/アミノアップ北海道監督賞/北海道メディアアワード/Micro Docs for SDGsなど道内・国内作品と、子供審査員が選ぶチルドレンショート賞/最優秀ノンダイアログ賞の発表は10/8(土)16:00から@サツゲキで行われるアワードセレモニー【入場無料】にて発表となります。

受賞作品一覧

●グランプリ | Grand Prix : 
The Diamond | ダイヤモンド(スウェーデン) | 監督:ヴェドラン・ルピック

グランプリ Grand Prix :The Diamond ダイアモンド(スウェーデン) 監督:ヴェドラン・ルピック

●審査員特別賞 | Special Jury Award 
HUMAN | ヒューマン(ウクライナ)| 監督:ハチャトゥル・ヴァシリアン

審査員特別賞 ヒューマン(ウクライナ)監督:ハチャトゥル・ヴァシリアン

●最優秀国内作品賞 | Best National Short
<10月8日(土)16:00~ @サツゲキで発表!>

●最優秀監督賞 | Best Director :
Mate | メイト (オーストラリア)| 監督:ジョージ・アレックス・ネーグル

最優秀監督賞 メイト(オーストラリア)監督:ジョージ・アレックス・ネーグル

●最優秀アニメーション賞 | Best Animation : 

The Seine’s tears | セーヌ川の涙(フランス)| 監督:ヤニス・ベレイド、エリオット・ベナード、ニコラス・メイヤー、エティエンヌ・ムーラン、アドリアン・ピノー、リサ・ヴィセンテ、フィリピン・サンジェ、アリス・レタイユアー

●最優秀ドキュメンタリー賞 | Best Documentary: 
Bayview |ベイビュー(イギリス) | 監督:ダニエル・クック

●最優秀コンテンポラリー/エクスペリメンタル賞 | Best Contemporary, Experimental Short : 
Strangers | ストレンジャーズ:倒れる女(スイス) | 監督:ノラ・ロンガッテイ

●最優秀ノンダイアログ賞 | Best Non-Dialogue:
<10月8日(土)16:00~ @サツゲキで発表!>

●最優秀学生監督賞 | Best Student Director : 
Almost Home | 地球へ還る夢(ドイツ) | 監督:ニルス・ケラー

●最優秀脚本賞 | Best Screenplay :
Bestia | ベスティア:チリ秘密警察の女 (チリ) | 脚本:マーティン・エラゾ、ヒューゴ・コバルビアス
 
●最優秀編集賞 | Best Editing : 
Forever Young | 僕らの映画!(フランス) |  編集:ミシェル・アリブオーテ

●最優秀作曲賞 | Best Original Score : 
3 Intestine Road, Fish Island | サカナ島胃袋三腸目(日本)| 監督:若林 萌、 音楽:高桑悠太郎 田村瞳実 大津杏月 松吉菜々子

●最優秀ミニショート賞 | Best Mini Short (under 5 minutes) : 
MEZOSOÏQUE ALTERNATIF|きょうりゅうじだい (フランス) | 監督:レナ・ミゲ、マリー・シェファー、スワン・ボビー、 シクスティン・サンラム、ルーシー・ロードラン、マリオン・メティヴィエ

●最優秀撮影賞 | Best Cinematography:
The Water Murmurs | 水はつぶやく(中国) | 監督:ストーリー・チェン、撮影:シィー・ビン

●最優秀美術賞 | Best Production Design :
CENSOR OF DREAMS | 夢の検閲官(フランス) | 美術:ミーシャ・レフチェンコ

●最優秀女優賞 | Best Actress : 
Lucienne in a world without solitude | 孤独のない世界のルシエンヌ(フランス) | ステファン・カイヤール

●最優秀男優賞 | Best Actor : 
Mate | メイト(オーストラリア)| ジョシュア・ブレナン

●最優秀子役賞 | Best Children Actor : 
A Strand of Regret | じいのけ(日本・北海道)| 山田流生、監督:道上寿人

●チルドレン賞 | Best CHildren Short
<10月8日(土)16:00~ @サツゲキで発表!>

●アミノアップ北海道監督賞
<10月8日(土)16:00~ @サツゲキで発表!>

●北海道メディアアワード
<10月8日(土)16:00~ @サツゲキで発表!>

●Micro Docs for SDGs
<10月8日(土)16:00~ @sapporo_master>

★審査員特別賞 | Special Jury Award 
HUMAN | ヒューマン(ウクライナ)| 監督:ハチャトゥル・ヴァシリアン

ー受賞者/監督の作品についてのメッセージ:
「私たちは昨年の夏にこの映画を作りました。 ご覧の場所は、占領されたヘルソン地域です。 映画の編集には長い時間がかかりました。 そして、つい最近完成したのです。 
私はアルメニア人で、子供の頃からウクライナに住んでいます。 私はマリウポリで育ちました。人間の中に人間を見ることができるか、できないか、ではありません。あらゆる制約や文化的な決まりごとを脇に置けば、私たちはとてもよく似ていることがわかるのです。しかし、私たちはそのことを忘れてしまっているのです。 私がこの映画を作ったのは、私の2つの祖国で起こるすべてのことにうんざりしていたからです。自分のルーツに戻りたかったからです。私たちが人生を始めるときの、あのシンプルな真実に。私たちがいつも忘れている真実。それは、私たちは、まず第一に人間であるという真実。そして、私たちは何よりもまず人間であり、人間がすでに死んだ中で、国籍が定着した者たちなだけであるということです。 
 ドンバスでの紛争については、 2014 年以来続いています。しかし今年、ロシアはさらに踏み込むことを決め、非常に強い抵抗に直面しました。 私の故郷のマリウポリを含め、ドネツク地方の多くの都市が失われました。 しかし、ウクライナはすべての土地を取り戻すため、 ドンバスの状況は非常に難しく、絶え間ない戦いがあります。 」

開催概要

名 称:第17回 札幌国際短編映画祭
英 語:17th Sapporo International Short Film Festival & Market
通 称:SAPPOROショートフェスト 2022/SAPPORO SHORT FEST 2022

主催/運営
NoMaps実行委員会/映画祭運営部門

劇場上映
会期 2022年10月7日(金)~10日(月/祝)
会場 サツゲキ(オフィシャル・ベニュー・パートナー)札幌市中央区南2条西5丁目 狸小路5丁目内
料金:1000円/1プログラム(約90分)

オンライン
会期 2022年10月21日(金)~11月6日(日)
オンライン会場:札幌国際短編映画祭公式ページ内オンラインで。
料金:1800円(期間中観放題)