スポンサーリンク

フォローする

あいろーど厚田で大人気の鰊と数の子の親子押し子寿司 「二三一バッテラ」を9月27日よりMakuakeにて先行販売開始!

新商品0コメント

北日本水産物株式会社は、北海道石狩市の道の駅「あいろーど厚田」で大人気の鰊と数の子の親子押し子寿司「二三一バッテラ」を応援購入サービスMakuakeにて2022年9月27日より先行販売を開始しました。

▼Makuakeページ
https://www.makuake.com/project/hokugenshinran2/

北日本水産物は、創業以来数の子を始めとした水産物の製造をしています。自慢の数の子と北海道産の〆ニシンを使用して作られたのが親子押し寿司「二三一バッテラ」です。北海道石狩市の道の駅「あいろーど厚田」に全国的に見ても珍しい鰊と数の子のバッテラ専門店「石狩二三一」があります。開店前やお昼時には行列ができるほどの大盛況で、お昼過ぎに完売してしまうことも少なくありません。

バッテラと言えばサバのイメージですが、「二三一バッテラ」は北海道で水揚げされた新鮮なニシンを使いシャリの中に数の子をはさんだ親子押し寿司です。酢飯にごまと生姜の甘酢漬けを混ぜ、かつおだしを効かせたこだわりの味付け数の子を2本挟み込み、北海道産の脂ののった〆ニシンと昆布シートを乗せ押し寿司にしました。〆ニシンの豊かな旨味に加え、味付けにこだわっている数の子のぽりぽりと小気味良い音がはじけます。「数の子は耳で食べる」といわれていますが、まさに新感覚を味わえる一品です。

石狩二三一で人気の二三一バッテラですが日持ちの観点から、来店した方やお持ち帰りでその日のお召し上がりにしか対応できませんでした。全国の方々に冷凍バッテラをお届けするため、2021年に札幌市に二三一バッテラ製造所を立ち上げました。一般的な凍結機械だとシャリの品質劣化が起こってしまう為、最新の3Dフリーザーを導入し試作を重ね、解凍についても様々な方法を繰り返し試しました。一筋縄ではいかない冷凍品の製作でしたが、この北海道の味を全国の方々に食べてもらいたい一心で、約1年半もの試行錯誤を経て作り上げたとのことです。日本中探してもなかなか出会うことのない“ニシンと数の子の親子バッテラ”「二三一バッテラ」をぜひこの機会にお召し上がりください。

実施期間2022年9月27日~11月6日
リターン案内・冷凍 二三一バッテラ 6切×2箱
・冷凍 二三一バッテラ 6切×3箱
・冷凍 二三一バッテラ 6切×5箱
※早割商品もあります。