スポンサーリンク

フォローする

中央区にある『バル エスパーニャ』が全国パエリア選手権で優勝!

施設情報0コメント

優勝パエリア 北海道シーフードパエリア 80人前

有限会社コンセプトが運営する、スペイン料理&バル バル エスパーニャが、4月15日(金)~17日(日)に東京都日比谷で行われたパエリア・タパス祭り 2022 全国パエリア選手権で優勝の栄冠に輝きました。大会は2016年から開催、過去5回の大会のうち、バル エスパーニャは優勝3回目の快挙を成し遂げました。

パエリア・タパス祭りは、スペインの料理と文化を広める目的に、日本パエリア協会が主催。2016年より年1回開催され、2019年2020年はコロナ禍で中止。今回の全国パエリア選手権は、全国タパス選手権と共に行われる日本で最大級のパエリアの祭典です。国内のスペイン料理の名店がオリジナルパエリアを出品して競い合うコンテストは毎年注目され、多くのお客さんで賑わいます。

大会の順位はお客さんによる投票によって決められます。前回の来場者は約10万人。全国パエリア選手権での優勝は、バル エスパーニャのパエリアは文字通り日本を代表するパエリアと言えます。

『バル エスパーニャ』について

バル エスパーニャは、パエリア・タパス祭り 2022の全国パエリア選手権で優勝を手にしました。これだけでも日本のスペイン料理店の中でも最高峰のひとつに数えられるほどですが、同大会での優勝は今回で3回目、国際大会でも特別賞を受賞しています。

今回の全国パエリア選手権で優勝した「北海道シーフードパエリア」は、北海道積丹産の甘エビをまるごとすり潰したペーストや北海道産のホタテから抽出した出汁、魚介の旨味の出汁を贅沢に使い、パエリアに合う特別な北海道米に旨味を十分に吸わせながら炊き込みます。具材はお大ぶりのエビやムール貝、ホタテ、アンコウ等といった多彩な海の幸に、地元の筍をたっぷり加えた旨味と食感が自慢の一品です。スペイン バレンシアの明るい気候が育んだ伝統的なお米料理と日本の北の恵みがコラボした贅沢なパエリアです。

今回受賞した「北海道シーフードパエリア」は、『バル エスパーニャ』の姉妹店である『バル エスパーニャ カルネ』『THE CRAFT』の札幌市の3店舗で食べることができます。それぞれ違った人気メニューもあるので、3件はしごしてスペインのように食べ比べをしてみるのも楽しいかも。尚、札幌在住ではない方の為にも通販サイトを準備中。

店舗情報

住所 札幌市中央区南6条西3丁目 ニューオリンピアビル1F
アクセス 地下鉄南北線すすきの駅から徒歩3分
営業時間 18:00~翌3:00
定休日 日曜
TEL 011-532-0001