スポンサーリンク

フォローする

8店舗目の『札幌みそぎょうざ 麻生店』が2月8日オープン!新商品のザンギも販売開始

開店1コメント

札幌を中心に展開する、お食事ができる餃子の製造直売所「SAPPORO餃子製造所」(運営:株式会社イートアンドインターナショナル)は2022年2月8日、冷凍生餃子の無人販売店「札幌みそぎょうざ」の8号店目となる麻生店をオープンしました。

2021年8月に札幌エリア限定の新業態として生まれた「札幌みそぎょうざ」は、北海道産素材を使って探求した“職人こだわりの味”を、無人販売でリーズナブルに提供してきました。
札幌名物の白味噌を練り込んだ餡を道産小麦の皮で包んだこだわり餃子をはじめ、2022年1月からは北海道の郷土料理であるザンギの販売も開始しました。

「札幌みそぎょうざ」は、内食需要の増加や非接触ニーズの高まりなど、コロナ禍によるライフスタイルの変化に対応した24時間営業、無人販売の新業態です。
いつでも好きな時間に立ち寄り、棚から商品を取り出して料金箱にお金を入れるだけの手軽さで、好評です。
お年寄りや主婦、学生やサラリーマンなど、様々な客層が来店し、看板商品の「札幌みそぎょうざ」(16g×30粒。税込1,000円)は、多い日に1店舗で360パック(餃子1万粒以上に相当)を売り上げています。
※麻生店の営業時間は当面、8:00~22:00となります。

北海道の郷土料理として知られるザンギ(鶏肉の唐揚げ)をラインナップに加え、新商品「札幌タレざんぎ」(200g。税込500円)の販売を開始しました。
SAPPORO餃子製造所の名物でもある大ぶりなザンギが、無人販売店でも購入できます。
甘めのタレを絡め、カレー風味をきかせた「札幌タレざんぎ」は、ご飯との相性が抜群。
電子レンジで加熱し、タレをかけるだけの簡単調理で、おうちごはんに大活躍すること請け合いの商品です。
マヨネーズやマスタードをつけても、美味しく食べられます。

店舗情報

住所 札幌市北区北40条西4丁目2-7 札幌N40ビル1階
アクセス 地下鉄南北線麻生駅より徒歩1分
営業時間 当面の間8:00~22:00
定休日 無休
駐車場