スポンサーリンク

フォローする

JR北海道、札幌圏を運転する列車が2月7日についても終日運休に

交通15コメント

札幌圏を運転する列車について、2月6日も午後から運休となっていましたが、2月7日についても終日運休となることが決まりました。
2月8日からの運行再開を目指しています。

2022年2月6日19時55分現在
【雪による列車への影響について】
記録的大雪の影響で、札幌圏では列車の運転を見合わせて除雪作業を行っておりますが、除雪作業に時間を要するため、明日(2/7)も札幌圏を運転する列車は始発から終日運転を見合わせます。
なお、今後の気象状況により、下記区間以外の列車についても運休や遅れが発生する場合があります。

【2/7運転見合わせ】
・函館線   小 樽~札 幌~岩見沢間   :終日
・千歳線   札 幌~新千歳空港・苫小牧間 :終日
・学園都市線 札 幌~北海道医療大学間   :終日
・特急列車  札幌駅を発着する全ての特急列車:終日
※以下のエリアに影響があります。
札幌近郊
道央エリア
道東エリア
道北エリア
道南エリア

引用元:https://www3.jrhokkaido.co.jp/webunkou/

札幌では24時間降雪量が過去最多の60cmとなり、各所で交通障害が起きています。
北海道中央バスについても運休情報が出ているのでご確認ください。

もはや災害レベルの降雪なので、明日の仕事は休み、あるいは全社員在宅勤務としてほしいところ・・・。