スポンサーリンク

フォローする

極楽湯跡地が再開発へ 手稲店跡は2023年春、弥生店跡は2025年春開業予定!

施設情報,施設情報0コメント

極楽湯さっぽろ手稲店』は2021年7月末、『極楽湯さっぽろ弥生店』は2021年8月末で営業終了し、順次解体を進めています。

今回、解体後の跡地開発について計画の概要が発表されました。

手稲店跡

手稲店跡は、ジェイ・アール生鮮市場の他、物販・飲食店舗等で構成されているショッピングセンターが隣接しており、手稲駅からも徒歩圏内となっています。
その立地を活かし、新たに賃貸マンションと商業施設の複合開発を行います。

賃貸マンションはアルファコートが手掛けます。
構造は鉄筋コンクリート造の5階建て、1LDK63戸、2LDK4戸となります。
敷地面積は約3,000㎡です。

商業施設は、北海道ジェイ・アール都市開発が手掛けます。
日用雑貨・ベーカリー・飲食店の3棟から成る計画です。

開発着工は2022年4月以降、開業は2023年春を予定しています。

住所 札幌市手稲区前田2条13丁目361-3
アクセス JR手稲駅より徒歩9分

弥生店跡

弥生店跡は、植物園などに近接していて、豊かな自然を享受できる良好な住環境です。
住居と商業施設を複合させることで、更なる賑わいの創出を目指します。

こちらの施設は、分譲マンションのEAST棟、賃貸マンション・商業施設のWEST棟から成ります。
手掛けるのは大京です。

分譲マンションの構造は鉄筋コンクリート造の15階建てで、80戸程度を予定しています。
賃貸マンションの構造は鉄筋コンクリート造の15階建てで、70戸程度を予定しています。
賃貸マンションの低層部にはスーパーマーケットやフィットネス施設が入居する予定です。

開発着工は2022年下期~2023年上期、開業は2025年春を予定しています。

住所 札幌市中央区北3条西12丁目1
アクセス 地下鉄東西線西11丁目駅より徒歩9分