スポンサーリンク

フォローする

7月7日、北海道に7枚のポケモンマンホール『ポケふた』が新たに登場!

施設3コメント

7月7日に、ポケモンのマンホール『ポケふた』が新たに7枚、北海道庁赤れんが庁舎前にてお披露目されました。

今回、お披露目された7枚の『ポケふた』には、「北海道だいすき発見隊」のアローラロコンやロコンと、トゲキッスやキテルグマ、メタモンやワカシャモたちが、北海道のさまざまな景観をイメージして描かれており、函館市、小樽市、根室市、登別市、本別町、陸別町、中標津町へそれぞれ設置されます。

今回発表されたものを含め、北海道内の『ポケふた』は計26枚となりました。

『ポケふた』は、1枚1枚がオリジナルデザインで、それぞれ世界に一つだけのマンホールです。また、『ポケふた』は、今後何年、何十年にもわたり設置され続ける予定です。

すでに全国各地の180箇所以上に設置されている『ポケふた』と同様に、全国・全世界の多くの方に、ポケモンたちの魅力と北海道の魅力を知ってもらうきっかけとなることを期待しています。

なお、設置された『ポケふた』は、順次、スマートフォン向け位置情報ゲーム『Pokémon GO』のポケストップになる予定です。

『ポケふた』は、今後も、引き続きいろいろな場所に設置される予定です。

※設置場所、設置予定日の詳細は『ポケふた』Webサイトをご覧ください。

https://local.pokemon.jp/manhole

『ポケふた』について

2018年12月に鹿児島県指宿市に「イーブイ」のマンホールが設置されたのを皮切りに、現在、16都道府県に189枚の『ポケふた』が設置され、多くの方が『ポケふた』巡りを楽しんでいます(枚数は、北海道で新たにお披露目された『ポケふた』も含みます)。

今後も、各地の魅力と一匹一匹のポケモンの魅力を国内外に同時に発信することを目指し、引き続きいろいろな場所に『ポケふた』が設置される予定です。

北海道×ロコンについて

2018年10月に北海道を道内外にPRする「北海道だいすき発見隊」に任命され、アローラロコンは隊長、ロコンは副隊長として活動しています。 雪山に生息するきつねポケモンがアローラロコンです。日本でも有数の豪雪地帯である北海道らしいポケモンとして選ばれました。同じくきつねポケモンである、ロコンと一緒に北海道を盛り上げてまいります。

0