スポンサーリンク

フォローする

北海道文教大学×北海道アイ共同開発商品「北海道のホタテを使ったパエリア風炊き込みご飯の素」10月中旬より数量限定で順次発売

新商品0コメント

久原本家グループの、北海道産食材の加工・生産・販売等を担う株式会社北海道アイは、北海道文教大学との共同開発商品「北海道のホタテを使ったパエリア風炊き込みご飯の素」を10月中旬より数量限定で順次発売します。

株式会社久原本家グループ本社と北海道アイは、北海道文教大学と2021年4月に包括連携協定を締結し、食品及び関連事業の活性化に貢献しうる活動を展開するとともに、産学連携を通じ、相互の協力が可能な分野において具体的に協力を推進し、地域社会の発展に貢献することを目的として、新商品の共同開発に取り組んできました。

今回の商品は、初めての共同開発商品として北海道産素材と学生目線にこだわって開発した、洋風の炊き込みご飯の素です。素材の旨みを生かし、炊き立ての香りも美味しいパエリア風に仕上げました。

商品のポイント

北海道産素材を使用した、洋風の炊き込みご飯の素です。コロッと入った北海道産ホタテ、魚介やトマト・玉ねぎの旨みが感じられるパエリア風に仕上げました。学生のアイデアから生まれた、炊きたての香りも美味しい一品です。

商品概要

商品名:北海道のホタテを使ったパエリア風炊き込みご飯の素
価格:799円(税込)
内容量:190g
販売先:コープさっぽろ宅配システム トドック
    北海道本舗(新千歳空港内)
    恵庭農畜産物直売所 かのな
発売日:10月中旬より順次発売 ※数量限定
※コープさっぽろ宅配システムトドックの販売は、2022年10月第4週(10月17日(月)~10月21日(金)各注文曜日締め切り日)のみの販売となります。