スポンサーリンク

フォローする

「飲むわらびもち」が話題『とろり天使のわらびもち 札幌麻生駅前店』が8月6日オープン!

開店0コメント

「とろとろ食感」の「生わらびもち」が看板商品の和菓子店『とろり天使のわらびもち 札幌麻生駅前店』が、2022年8月6日(土)にオープンします。

「とろとろ食感」の「生わらびもち」が看板商品の和菓子店「とろり天使のわらびもち」は2020年8月、大阪・中崎町(現在、天神橋に移転)に1号店を出店しました。関西を中心に東京、九州にも出店し、このたび、札幌市内3号店がオープンします。

爪楊枝が刺さらない程の柔らかさで、お箸で食べられる「生わらびもち」(小 680円、大 1,200円)。アルバイトの女子高生が「とろとろすぎて、ストローで飲めちゃうのでは」と発想し誕生した飲むスイーツ「飲むわらびもち」。カップの底にわらびもちを入れたドリンクに、生クリームをトッピングした“映える”見た目と新食感が話題となり、1日最高500杯販売する人気メニューとなりました。フレーバーは「ミルクティー」「黒蜜」「抹茶」(各680円)の3種類。

そのほか、カップに入ったわらびもちの上に生クリームをのせ、お好みできな粉をかける「クリームわらびもち」は「プレーン」「ほうじ茶」「黒胡麻」の3種類を4個セットで1,800円で用意しています。※価格は全て税込です。

出店場所は、『わがままなジュリエット』へ統合のため6月26日をもって閉店した『でぶぱん』跡となります。

店舗情報

住所 札幌市北区北40条西5丁目5-30
アクセス 地下鉄南北線麻生駅より徒歩2分
営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休
TEL 011-600-1854

商品情報

看板商品「生わらびもち」

山菜のワラビの根の部分10kgから、わずか70gしか採れない、貴重な本わらび粉を使用しています。材料の配合や炊き方など試行錯誤を重ね、究極なやわらかさを追求し「とろとろ食感」が生まれました。爪楊枝が刺さらない程にやわらかいため、割り箸を添えて提供しています。食感のアクセントに北海道・十勝産のあずきを練り込んだ「あずき」を用意しています。たっぷりとまぶした甘さ控え目なきな粉と一緒にお召し上がりください。

小(200g):680円
大(400g):1,200円
※+50円で黒蜜追加

飲むわらびもち

ミルクティー、黒蜜、抹茶 各680円

とろとろ食感のわらびもちをストローで飲む新食感のドリンクです。伝統的な和菓子のわらびもちに生クリームとドリンクを合わせ、洋風スイーツにアレンジしました。

クリームわらびもち

プレーン、ほうじ茶、黒胡麻 4個セット 1,800円

カップに入ったわらびもちの上にたっぷりと生クリームをのせました。プリンのような洋風わらびもちです。お好みできな粉をかけながら、味の変化も楽しめます。子どもにも人気の商品です。 ※冷凍でお渡しの商品となります。