スポンサーリンク

フォローする

北海道産ホップ「フラノマジカル」を一部使用した「サッポロ クラシック 春の薫り」4月5日より数量限定発売!

新商品0コメント

サッポロホールディングス(株)のグループ企業であるサッポロビール(株)は昨年に引き続き、今年も北海道の旬のおいしさをお届けするクラシックシリーズ「サッポロ クラシック 春の薫り」を4月5日に北海道エリアで数量限定発売します。

こちらの商品は、北海道産ホップ「フラノマジカル」を一部使用した、北海道の春を感じる味わいの、春限定クラシックです。近年クラフトビールなどで人気のホップ品種の特長とされる香り成分のうち、トロピカル、グリーンなどを感じさせる成分に着目して当社が育種、選抜し、2021年に品種登録(注1)されたばかりの「フラノマジカル」は、マスカット、マンゴー、カシスなど多彩な香りをあわせもち、芳醇な香りが特長です。その特長的な香りに関する研究論文は、海外の学会誌でも発表されています。(注2)

パッケージは、鮮やかなグリーンを背景に北海道産素材を一部使用していることを訴求し、6缶パックは北海道の広大な土地に咲く芝桜を連想させるデザインで彩り、北海道の春を演出しました。

(注1)国内品種登録番号:28606「フラノK906901060号」。
(注2)自社育成ホップ品種「フラノマジカル」の開発とその香りの特長に関する論文、および、このホップを「遅摘み」することによる香り成分の変化に関する論文を、本年1月と2月に海外の学会誌に発表しました。

商品名サッポロ クラシック 春の薫り
パッケージ350ml缶、500ml缶
品目ビール
アルコール分5%
純アルコール量350ml缶:14g、500ml缶:20g
発売日・地域2022年4月5日・北海道限定
参考小売価格オープン価格
中味特長北海道産ホップ「フラノマジカル」による春らしい爽やかな味わい。
販売計画4万1,000ケース(大びん633ml×20本換算)
商品情報

サッポロビールの原料へのこだわり

サッポロビールは創業期より 「選りすぐりの原料だけで、おいしいビールをつくる」という信念のもと、 “畑”から徹底的にこだわり、原料の研究を続けてきた歴史があります。現在でも“大麦とホップ、両方の育種を行い、協働契約栽培する世界で唯一のビール会社”として原料の研究に情熱を注ぎ続けています。
「育種」とは、優れた品種同士を交配して、さらに良質の品種をつくるクリエイティブな研究開発です。
https://www.sapporobeer.jp/company/quality/detail022.html

現在、ブラウザによっては「いいね」のカウンターが表示されない状態となっています。
ブラウザのキャッシュクリア、もしくはスーパーリロードをすることで表示されます。