スポンサーリンク

フォローする

可否茶館50周年 ~ 育てよう 北海道珈琲のmirai ~「コーヒーの苗木 50th mirai モニター募集キャンペーン」スタート

イベント2コメント

この度、札幌を中心に北海道でコーヒーチェーンを展開する可否茶館(運営元:株式会社ユニマットキャラバン)は、創業50周年を迎え、キャンペーンの第1弾として「コーヒーの苗木50th mirai モニター募集キャンペーン」を実施します。

【キャンペーン第1弾】
可否茶館50周年 ~ 育てよう 北海道珈琲のmirai ~
「コーヒーの苗木 50th mirai モニター募集キャンペーン」スタート

2021年6月21日(月)より、50周年特設サイトにて、「コーヒーの苗木 50th mirai」を育てるモニターを募集します。
北海道で、にょきにょきと芽を出したコーヒーの苗木「mirai」を、愛情をこめて育ててみませんか?
日に日に大きくなっていくかわいい苗木の様子を、写真とともにTwitterで投稿しましょう。

▼応募期間
2021年6月21日(月)~7月20日(火)

▼モニター当選内容
「コーヒーの苗木 50th mirai」 を、抽選で50名様にプレゼント

▼応募方法
50周年特設サイト内、キャンペーンページから専用サイトにアクセスし、応募フォームにて回答送信
キャンペーンページはこちら》 https://www.kahisakan.com/nyokinyokimirai/

▼応募条件
・Twitterアカウントをお持ちの方
・当選した場合、最低2週間に一回以上苗木栽培のツイートができる方
・小学生から応募可能です
※注意事項などは、キャンペーンページにてご確認ください

★さらに!10月1日「コーヒーの日」には、店頭でのコーヒーの苗木配布キャンペーンや、50周年記念商品の販売等も実施予定です。

可否茶館(かひさかん)

1971年に「札幌を代表する珈琲・喫茶店を造りたい」という思いを叶えるべく、北海道札幌市に「大通店」を開業。
やがて、札幌を中心とした深煎り珈琲文化を牽引して、コクと深みが魅力の「可否茶館テイスト」を創りあげていきました。
2003年には北海道小樽市の小樽堺町通り商店街に焙煎工場を新設し、北海道の代表となるロースターとして、美味しさの追及を続けています。

株式会社ユニマットキャラバン

2017年10月1日設立。コーヒー、レストラン、スイーツと食を軸にした多様な事業を展開。
「そのひと口から、オアシスを創る。」という企業理念の元、食を通じてお客様、スタッフ、社会にゆとりとやすらぎを提供し続けます。

0