スポンサーリンク

フォローする

札幌パルコで教科書を受け取っていた思い出!昔は富貴堂書店だったよね?

開店4コメント

1 : 2020/09/13(日) 19:41:56
旭屋書店と紀伊国屋書店はマンガや参考書買うのに世話になった
そういえば高校入学前に教科書はパルコ受け取りだったが何でパルコなんだったんだか?
普通に学校で受け取ればいいのに
二年生からは普通に学校で受け取ってたと思う。

 

2 : 2020/09/13(日) 21:32:13
自分の高校では三年間パルコブックセンターの特設売り場に買いに行ったよ
ついでに数学は教科書ガイドも買った

 

3 : 2020/09/13(日) 21:52:03
空知管内だけど、高校の教科書は市内の本屋に買いに行ったな。あんまり覚えてないけど、授業料も現金で校内の窓口に支払いに行ったな。

 

4 : 2020/09/13(日) 20:00:29
今のパルコになる前は富貴堂書店でした。だいぶ前にパルコ内からも無くなり
ましたよね

 

5 : 2020/09/13(日) 21:16:24
書店と同じフロアに王様のアイデア的な店とかあったね、
外車のミニカーとかよく見てたなー
四丁目プラザは維新堂だったかなぁ
パルコも楽しかったけど最近行かないな

 

6 : 2020/09/13(日) 21:55:22
つい最近、富貴堂の歴史みたいな文献読んだよ
北海道の教科書は全部ここが窓口とかなんとか
パルコに軒を貸して母屋を取られるって感じになったようだ

 

引用元:https://machi.to/bbs/read.cgi/hokkaidou/1594492991/

補足

富貴堂書店は、1898年3月12日に南2条西3丁目で開業しました。

その後、1906年3月に南1条西3丁目(現・札幌パルコ)に移転しました。

長年この地で営業してきたものの、1975年8月に札幌パルコが開業します。
富貴堂書店は自社建物を失い、パルコ内に入居することになりました。

そして1981年に富貴堂はパルコの完全子会社となり、「パルコブックセンター冨貴堂」に変わりました。
この時代に馴染みがあるという方が多いのではないでしょうか。

105年もの歴史を刻んできた富貴堂も、2003年10月26日をもって閉店しました。

3+