スポンサーリンク

フォローする

【即位の日】10月22日は札幌時計台や北海道博物館などが無料開放!

施設情報0コメント

概要

2019年10月22日は即位礼正殿の儀ということで、慶祝事業の一環として札幌市内一部の施設が無料開放されます。

無料開放される施設は以下の通りです。

  • 札幌時計台
  • 北海道博物館・開拓の村
  • 豊平館
  • 本郷新記念札幌彫刻美術館
  • 道立近代美術館 近美コレクション
  • 道立文学館

せっかくの機会ですので、足を運んでみましょう。

施設情報

札幌時計台

演武場建設の歴史や時計機械が展示されています。
北海道大学の前身、札幌農学校時代の資料がたくさんあります。

通常は入場料200円がかかります。

住所 札幌市中央区北1条西2丁目
アクセス 地下鉄大通駅より徒歩3分
営業時間 8:45~17:10

北海道博物館・開拓の村

北海道博物館では、北海道民の貴重な宝である資料を収集・保存し、展示しています。
開拓の村では、北海道開拓時代の産業や生活、文化を伝える歴史的建造物を全道各地から移築・復元し保存しています。

通常は博物館の観覧料600円・開拓の村入場料800円がかかります。

常時無料ですが近くに野幌森林公園もあり、解体されてしまう「百年記念塔」を見に行くのもありです。

住所 札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
アクセス JR森林公園駅より徒歩22分
営業時間 [博物館]9:30~16:30
[開拓村]9:00~16:30

豊平館

明治政府が建てた唯一のホテルであり、国の重要文化財に指定されています。
明治時代を舞台にした漫画でしか見られないような光景を、実際に自分の目で見ることのできる施設です。

通常は入場料300円がかかります。

住所 札幌市中央区中島公園1-20
アクセス 地下鉄南北線中島公園3番出口より徒歩5分
営業時間 9:00~17:00

本郷新記念札幌彫刻美術館

戦後日本の具象彫刻を牽引した札幌生まれの彫刻家である本郷新の美術館です。
彫刻・絵画など1,800点余りの作品を展示しています。

本館、記念館ともに無料開放されます。

住所 札幌市中央区宮の森4条12丁目
アクセス 地下鉄東西線円山公園駅より車で5分
営業時間 10:00~17:00

道立近代美術館

現在開催されている、近美コレクション「バック・トゥ・ザ・フューチャー来るべき20年代に向けて」の入場料が無料になります。
1920年代の絵画や陶芸品などが展示されています。

通常は入場料510円がかかります。

住所 札幌市中央区北1条西17丁目
アクセス 地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩6分
営業時間 9:30~17:00

道立文学館

アイヌ民族の文学、小説・評論、詩、短歌、俳句、川柳、児童文学など、幅広い分野にわたって展示されています。
1階の閲覧室でゆっくり資料を読むことができます。

通常は入場料500円がかかります。

住所 札幌市中央区中島公園1-4
アクセス 地下鉄南北線中島公園駅より徒歩7分
営業時間 9:30~17:00