スポンサーリンク

フォローする

北30条のラーメン店『糸末』が11月29日で閉店!老舗ラーメン店の2代目

閉店7コメント

北30条のラーメン店『糸末』が2020年11月29日をもって閉店しました。
コメント欄にて情報提供いただきました。ありがとうございます!

こちらの店舗は2代目になります。
2012年8月24日に狸小路6丁目にてオープン。
2017年10月13日に現在の場所へ移転してきました。

初代はというと、1962年に北27条西5丁目にて創業。
当時は鉄板焼きも提供していました。
その後は1965年に札幌東映劇場横へ移転。
1989年に狸小路5丁目へ移転しました。

今から60年近く前に創業し、札幌味噌ラーメンの礎を築いてきたお店です。
しかし1999年8月24日に店主(三浦昭男さん)が逝去されました。
それから13年の時を経て2代目(森悟史さん)が店舗をオープンしたものです。

初代の味噌ラーメンを一つ一つ丁寧に再現した伝統の味を提供してきました。
麺は当時から使い続けてきた「森住製麺」の中太ちぢれ麺を使用しています。
味噌もおかみが50年間作り続けてきた秘伝の味を継承しています。

初代の味が好きだったという方も多いでしょうが、こちらも多くのファンを獲得してきました。

『糸末』は閉店してしまいますが、来年あたり、石狩市花川にて新たに中華料理店をオープンする予定とのことです。
こちらも楽しみに待つこととしましょう。

店舗情報

住所 札幌市北区北30条西5丁目2-1

1+