スポンサーリンク

フォローする

地下鉄さっぽろ駅の『文教堂さっぽろ駅店』が7月28日で閉店・・・中心部に残る文教堂は「札幌大通駅店」のみに

閉店11コメント

地下鉄さっぽろ駅前にある『文教堂さっぽろ駅店』が2020年7月28日をもって閉店となります。

札幌国際ビル地下3階にあり、さっぽろ駅南改札口からすぐアクセスすることができる店舗です。

ススキノラフィラにあった「札幌すすきの店」も無くなりましたので、これで中心部に残る文教堂は「札幌大通駅店」のみとなります。

その他、札幌市内に大通駅店含め9店舗残ります。
あとは千歳市に2店、函館市に3店です。

道外では、7月6日に東京都の浜松町店、12日に新潟県の新井店が閉店します。
近年、書店は経営が厳しいと言われていますが、ここに来て閉店ペースが加速しているように思えます。

文教堂さっぽろ駅店』がオープンしたのは2008年12月19日のこと。
大通のジュンク堂がオープンする前日でした。

小さめなお店ですが、10年以上もの間市民に親しまれてきました。
私もたまに立ち寄っていた店舗です・・・。

立地はとてもいいので、閉店後はどんなお店が入るか気になるところです。

店舗情報

住所 札幌市中央区北4条西4丁目1 札幌国際ビル地下3階
アクセス 地下鉄さっぽろ駅南改札口よりすぐ
営業時間 [月~土]8:30~22:00
[日祝]9:30~21:00
定休日 無休
駐車場

2+