スポンサーリンク

フォローする

1月15日放送の『タカアンドトシの北海道全力絶景』に「GLAY」の出演決定!ボーカルの「TERU」、ギターの「TAKURO」が故郷の大地で熱唱。『永遠を名乗る一秒』先行公開!

UHB0コメント

©UHB

北海道文化放送株式会社(UHB)は1月1日、15日全国放送する開局50周年記念番組『タカアンドトシの北海道全力絶景』に、北海道出身の人気ロックバンド「GLAY」が参加すると発表しました。

北海道出身の人気ロックバンド「GLAY」ボーカルの「TERU」とギターの「TAKURO」が特別企画で登場。全長500メートルの白壁海岸が続く絶景、北海道南部・乙部町の「シラフラ」を舞台に熱唱します。曲は「BELOVED」と「永遠を名乗る一秒」。そのうち、永遠を名乗る一秒は1日から番組サイトで先行公開します。
(URL: https://www.uhb.jp/program/50th_zekkei )

番組は15日午後4時5分から放送の「タカアンドトシの北海道全力絶景」。北海道にゆかりの深いお笑いコンビ「タカアンドトシ」と「EXIT」がコロナ禍で冷え込んだ北海道観光を盛り上げるべく、番組ディレクターたちと道内を駆け巡り、奇跡の絶景を追う「リアルドキュメント・バラエティー」です。モデルでタレントの「めるる」こと「生見愛瑠」もスタジオゲストとして出演します。GLAYの出演は、11月末のスタジオ収録時まで、出演者にも伏せられたシークレット企画。前ぶりもなくVTRを見せられたタカは「曲のパワーといったらない。オレたち、かませ犬じゃないか」と自嘲ぎみ。トシも「ほかの絶景VTRがすべて吹っ飛んだよ!」と感嘆しました。ロケは乙部町の全面協力のもと、9月に実施。同町は「GLAYの出演は大騒ぎになる恐れもあったので、役場内でかん口令を敷きました」と情報統制を徹底。収録にあわせ周辺の町道を一時通行止めにするなど、極秘裏に撮影されました。 

コメント

シラフラ海岸で歌う 左から)TERU、TAKURO ©UHB

Q.北海道乙部町の”シラフラ“海岸で演奏されていかがでしたか?
<TERU>
この空の下で歌えることはシンガーにとって幸せなことでしたので、最高に良い歌がうたえました。天気も非常に良く大自然のパワーをもらいました。
<TAKURO>
乙部町の皆さんにも協力いただきました。GLAYをやっていて良かったです。

Q.今回のみどころは?
<TERU>
大自然ですね。僕も滝瀬海岸に初めて来たんですけど、芸術的な断崖なので、ぜひ観光で見に来てください。
< TAKURO >
GLAYの曲は、やっぱり北海道で聴くのが一番正しいのではないかと思っていますので、このようなチャンスに感謝しています。

乙部町 シラフラ海岸 ©UHB

Q地元北海道の良さは?
<TERU>
北海道の良さは一言では言い表せないですが、北海道出身なので「帰ってきたな」と空港に降り立った瞬間「ただいま」と言える、あったかい場所です。
<TAKURO>
厳しい大自然の中で育てられ、温かい北海道の人に見守られて育ったので、自然の豊かさ、人々の心の温かさがいつまでたっても恋しくなります。
僕らの原点は北海道なので、これからもよろしく
お願いします。

Q全国の皆さんにメッセージをお願いします。
<TERU>
コロナの状況もあり旅行が難しい時代ですが、北海道は雄大な土地がたくさんあります。
私達も“シラフラ”海岸は北海道出身ですが、来たことがない場所でした。北海道は、大自然に触れながら楽しむことができますので、ぜひ今年遊びに来てください。
<TAKURO>
この番組を通じて皆さんなりの北海道の良さを発見してみてください。