スポンサーリンク

フォローする

『札幌国際スキー場』『サッポロテイネ』が12月2日より天然雪でオープン!

施設1コメント

定山渓の『札幌国際スキー場』と手稲区の『サッポロテイネ』が、12月2日より2022年度の初回営業を開始しました。天然雪でのオープンとなります。

札幌国際スキー場は、札幌リゾート開発公社が運営するスキー場。
予定より2週間ほど遅れてのオープンとなりました。
昨晩より40cmの降雪があり、山頂の積雪は100cmとなりました

また、札幌国際スキー場行きのじょうてつバスも12月2日より運行開始しています。
セイコーマートの新光店・みすまい店・定山渓温泉店・藤野3条店、石山店でもリフト券を販売していますので、活用ください。

サッポロテイネは、加森観光が運営するスキー場。
24時間降雪は6cmで、山頂の積雪は60cmとなりました。
先ずはハイランドゾーンの一部からの開放となります。

このほか、ルスツリゾートスキー場も2日にオープンし、中山峠スキー場も3日にオープン予定となっています。