スポンサーリンク

フォローする

休暇村支笏湖「モラップキャンプ場」、4月23日よりオープン 支笏湖畔の人気キャンプ場、今シーズンからフリーサイトが予約制に

施設情報0コメント

支笏洞爺国立公園に位置するリゾートホテル「休暇村支笏湖」では、モラップキャンプ場が4月23日(土)より営業開始します。フリーサイトが予約制となるなど、装い新たにオープンします。また、例年好評、テント設営済みで必要なギアは全て揃った「手ぶらでキャンプ」プランに、こだわりギアを追加した「DX(デラックス)プラン」が登場、4月29日(金)より提供開始します。

2022年度シーズンよりフリーサイトの利用が宿泊・日帰りともに事前予約制となりました。支笏湖畔の絶景ロケーションを求めてキャンプシーズンには満員になることも。先着順の案内で利用できなかった方も、これからは事前に予約できるので、チェックイン時間に合わせてゆったり行けます。予約は休暇村支笏湖公式HPにて受け付けています。

【営業期間】2022年4月23日(土)~10月中旬まで
※営業終了日は積雪の状況等を踏まえて10月上旬頃決定します。
 ・電話での予約は承っていません。
 ・フリーサイトは区画分けされていません。当日受付後空いているスペースへテントを設営してください。
 ・受付時間前の入場はできません。早めの来場はお控えください。

お昼、夕暮れ、夜、早朝と表情を変える支笏湖を眺めながら過ごす一日はオツなもの。また町明かりがないため、夜になると満天の星が広がるのも当キャンプ場の魅力の一つ。家族や友人と、あるいは一人でくつろぐ自由な時間をモラップキャンプ場で過ごしてみませんか?

「手ぶらでキャンププランDX」概要

キャンプに必要な一切の器材や食材がセットになった「手ぶらで キャンププラン」。昨年も好評だったこのプランに加えて、新たに「手ぶらでキャンププランDX(デラックス)」を提供します。テントはこだわりの「snow peak製 グランベルグM」。広々とした居住空間に加えて、オープンタープのような開放感抜群のリビングスペースを作ることもできます。モンゴルの“ゲル”を思わすようなシルエットも素敵なポイントの一つです。「キャンプは楽しみたいけど、準備や後片付けが大変」「高価なキャンプギアを買うのはちょっと…」という方にはぜひオススメ。こだわりのキャンプギアでキャンプ生活を楽しみましょう。

期間2022年4月29日(金)~8月31日(水)
内容1泊2食(器材レンタル+夕食材+朝食材+温泉入浴)
料金大人10,000円 小人8,000円 幼児(4歳以上)5,000円
食事夕食はBBQ、朝食はキャンプ場にて朝食セットを用意します
器材テント(snowpeak製グランベルグM)、テーブルイスセット(Coleman製)
調理セットLEDランタン(LOGOS製)、紙食器セット、寝袋、テントエアーマット(Coleman製)
炭、BBQコンロ、網
その他・チェックイン13時~ チェックアウト翌朝10時
・入浴は休暇村支笏湖(車で約10分)の温泉を利用ください。
【入浴時間 当日13時~18時、翌朝7時~9時】
・宿泊の5日前までに予約ください。予約は2名から承ります。

施設情報

全国の湖沼の透明度調査において11年連続No.1に選ばれたこともある支笏湖。その美しい湖を見下ろす高台に位置するのが休暇村支笏湖です。周辺に広がる野鳥の森では、季節を問わずたくさんの野鳥と出会えます。また、美肌の湯として知られる支笏湖温泉はとろりとした泉質が特徴です。また、併設するモラップキャンプ場では、支笏湖を望む開放感抜群のロケーションでキャンプを楽しむこともできます。

住所 千歳市支笏湖温泉
アクセス 地下鉄南北線真駒内駅より車で1時間

現在、ブラウザによっては「いいね」のカウンターが表示されない状態となっています。
ブラウザのキャッシュクリア、もしくはスーパーリロードをすることで表示されます。