スポンサーリンク

フォローする

『クロスホテル札幌』に新作デザインアートを壁紙に採用した「イマジンルーム」が新登場!客室70室を「アートルーム」にリニューアル

施設0コメント

「アーバンスタイル イマジンルーム」(イメージ)

「ORIX HOTELS & RESORTS」ブランドの『クロスホテル札幌』は、4階から8階の客室(70室)のリニューアル工事に着手します。リニューアル後の客室は、2022年4月29日(金・祝)チェックイン分より宿泊可能で、3月29日より予約受付を開始しました。

「ナチュラルスタイル アートルーム」(イメージ)

同ホテルは、2019年より181室ある客室を3期に分けてリニューアル工事を推進しています。2019年4月に14~17階「クロスフロア」(45室)、2020年7月に9階~13階「アートルーム」(66室)が誕生し、今回が最終のリニューアル工事となります。

“アートと泊まる”というコンセプトのもと、2020年に誕生した「アートルーム」では、宿泊した方から「全て一点ものの作品でアートギャラリーに宿泊しているみたい」「展示品を自宅用に購入したい」などの多くの声がありました。今回のリニューアルも、アートをコンセプトに、地元・北海道を拠点に活躍する8組のアーティストが、北海道をテーマとした現代アートを製作し、客室内に設置します。また、額装作品を展示した通常のアートルームに加えて、大胆なデザインアートが客室の壁紙をダイナミックに彩る「イマジンルーム」(37室)を、初めて設置しました。4組の作家による新作デザインを通じて、北海道の風土や、アーティストの世界観により浸れる滞在を楽しむことができます。

クロスホテル札幌では、2013年から客室に北海道在住の作家の作品を展示・公開する期間限定イベントを開催するなど、北海道の現代アート市場の活性化に取り組んでいます。

リニューアル概要

4階~8階の5フロア(70室)の客室をリニューアルし、「アートルーム」として誕生します。リニューアルは、2022年4月下旬に完了予定で、4月29日(金・祝)チェックイン分より宿泊可能です。客室は、3つのカラースタイルとして、非日常を感じられる「HIP」、都会的で洗練された「URBAN」、木の温かみのある「NATURAL」を展開しています。それぞれの特徴を際立たせるデザインを追求し、より洗練された空間を提供します。
※工事対象フロア以外は、通常通り予約・宿泊できます。

「アートルーム」には、北海道在住の8組のアート作家による作品を展示します。作品は“北海道”をテーマに、全てオリジナルで制作しました。28室には4名の作家によるアクリル画など額装作品の展示を行い、5室にはオリジナルのアイヌ文様を木製パネルに彫り込み展示します。また今回新たに、4組の作家による新作デザインアートを壁紙に取り入れた客室「イマジンルーム」が37室登場します。アーティストの自由な発想を表現した作品に囲まれ、クリエイティブでイマジネーションに富んだ滞在を提供します。

〈参加作家〉※順不同、敬称略
川尻竜一、小林龍一、齋藤周、斉藤麻理、白鳥絵美、民野宏之、ToyToy、ワビサビ

小林龍一氏による「アーバンスタイル イマジンルーム」(イメージ)
白鳥絵美による「ヒップスタイル イマジンルーム」(イメージ)
白鳥絵美氏による「ヒップスタイル アートルーム」(イメージ)
宿泊期間2022年4月29日(金・祝)チェックイン分から
予約方法電話またはホテル公式ウェブサイトで受付
TEL 011-272-0010(代表)
ホテル公式ウェブサイト https://www.crosshotel.com/sapporo/
対象客室4階から8階の全70室(デラックスツイン、ツイン、ダブル、シングル)
※予約時に作家、作品を選ぶことはできません。
※備品の納期遅延等により、販売する客室数を一部制限する場合があります。
料金1名1泊4,000円~(消費税・サービス料込み、宿税別途)
※2名1室利用時

施設概要

住所 札幌市中央区北2条西2丁目23
アクセス JR札幌駅より徒歩5分
施設規模 客室数:181室
収容人数:336名
HP https://www.crosshotel.com/sapporo/
TEL 011-272-0010

現在、ブラウザによっては「いいね」のカウンターが表示されない状態となっています。
ブラウザのキャッシュクリア、もしくはスーパーリロードをすることで表示されます。