スポンサーリンク

フォローする

2023年4月「キッズラボ ボールパークこども園」が北広島に開園! 北海道ボールパークFビレッジ唯一の認定こども園

北広島0コメント

キッズラボグループは、2023年春に開業する「北海道ボールパークFビレッジ」にて、「キッズラボ 北海道ボールパークFビレッジ 認定こども園」(通称:キッズラボ ボールパークこども園)の開園を決定しました。

株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメントによる持続可能な街づくりの一環として、2023年春開業の「北海道ボールパークFビレッジ」唯一の保育施設「キッズラボ ボールパークこども園」が2023年4月に開園します。幼稚園と保育所の良さをあわせもつ幼保連携型 認定こども園では、保護者の働いている状況に関わらず、教育・保育サービスを受けることができます。

園の特長

・チームラボの建築集団が園舎を設計・デザイン

チームラボの建築集団が設計デザインした、とことん遊びこめる工夫がいっぱいの園舎。全身を使って施設や空間を体験できる場所を作り上げます。

・北海道日本ハムファイターズと提携した保育

エスコンフィールドHOKKAIDOの隣という立地をいかし、球場での園庭利用やファイターズと子どもたちとの交流など、球団と提携した保育を予定しています。

・農園を利用した食育

敷地に隣接するクボタが運営する農業学習施設で実際に農作物に触れながら、生きるために必要な様々な食育の実施を計画しています。

・園内に病児施設を併設

キッズラボ ボールパークこども園は、施設内に病児保育を併設。子どもが病気になったときにも、安心して預けることができます。北広島市では病児保育設置は初の試みです。

・SDGsを意識した取り組み

一人ひとりの主体性と多様性を認める保育、食べ物の大切さを学ぶ「食育」、エネルギーの大切さについて学ぶ機会など、SDGsを意識した取り組みを行います。

施設概要

名称キッズラボ 北海道ボールパークFビレッジ 認定こども園
通称キッズラボ ボールパークこども園
構造木造平屋建て
敷地面積約2500㎡
延床面積約700㎡
定員認定こども園74名+病児保育2名(予定)
運営キッズラボグループ(学校法人英進学園)
着工2022年5月予定
開園時期2023年4月1日

北海道ボールパークFビレッジについて

©H.N.F.

プロ野球・北海道日本ハムファイターズが2023年3月に北海道北広島市に開業する新球場、ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールドHOKKAIDO)。

新球場の周辺エリアは「北海道ボールパークFビレッジ」として、試合の前後に滞在できるホテルやレストラン、国内最大級の子どもの遊び場、農園と農業学習施設などを整備し、あらゆる人々が集う、多様なコミュニティ形成による街づくりを行います。

  • 名称:北海道ボールパークFビレッジ
  • 所在地: 北海道北広島市共栄
  • 敷地面積:約32ヘクタール
  • 公式HP:https://www.hkdballpark.com/
現在、ブラウザによっては「いいね」のカウンターが表示されない状態となっています。
ブラウザのキャッシュクリア、もしくはスーパーリロードをすることで表示されます。